« ヒルコ | メイン | 手紙 »

2016年11月03日

白猫語り

母猫が事故死して母乳の味を覚えることなく、
共に産まれた兄妹が運ばれた行方も知らず、
ただ何となく頭を撫でてくれる手を信じて、
呼びかけてくれる瞳の輝きに返事して、
春はご主人様たちとよく眠り、
夏に目覚め、秋には遊び、
冬に外の景色をじっと眺める。

そんな日々の中で、
一人いなくなり、二人いなくなり、
長生きすればするほど優しい手のひらたちの
温度が失われていくのに、
アタシだけ、白く、生き残りました。

明日、雪遊びに行きます。
白く埋もれて眠る毛のささくれた猫を見たら
踏みつぶさないで「よく頑張ったね」って、
ひとこと声を被せてください。

        ※

(独りでも天国に行けそうな気がします)


            ※ 前橋「猫フェス」用に書いたもの。

投稿者 tukiyomi : 2016年11月03日 22:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/14190

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)