« 白猫語り | メイン | シュレッダー »

2016年11月03日

手紙

私をあまり怒らせないでくれないか
おとなしく愛の詩集を手にするときに
透き通る言葉を考えようとするときに
人の郵便物を盗み見る者たちよ

その手紙には父の遺言が
その手紙には母の筆跡が
私宛に届く予定
封筒の鍵を抉じ開けた者たちよ
私をあまり怒らせないでくれないか

人が組織になったとき
そこに、家は無く、居場所無く、
闇雲に戦場が広がるだけ

弱者を叩き
弱者の声をねじ伏せ
弱者を更に弱者足らしめようとする
矮小な町の村長様、局長様

お偉方のあなた様方が
小娘宛の手紙一つが気になるなんて
両親の想いを踏みにじるだなんて

人の親ともあろう方々
人の親にもなろう方々
人が組織になる前に
人が組織になった時

どうか私をこれ以上
怒らせないでくれないか

投稿者 tukiyomi : 2016年11月03日 22:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/14191

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)