2018年06月08日

春祭り

父親の肩にしがみつく幼子の瞳に 
映る、黄金の御神輿

何台もの金の神輿が練り歩く 
この街の酒気を帯びた
荒くれ者の若い衆によって 持ち上げられる
「エンチキドッコイショー」

かけ声は
祖父に風呂場で手拍子させ
祖母を羽織に着替えさせ
幼い父に祭りが来たと 囃し立てさせる

神殿前に高々と宙に持ち上げられた御神輿と
祖父の肩に摑まったままの幼い父の亡霊と
はぐれないように、はぐれないように、
春を越えて一致団結し繰り返される
かけ声の向こうに側に しがみつきたい私

四年前この神社で大吉を引いた父が
一年分の期待を手に入れて春を迎えたまま
春にさらわれて逝った
境内に差し込む最後の西日のような
か細い眼差しを私に注いで

黒いジャンパーを後追いする子供が
足を取られて転ぶ、祭りの帰り路
易々と抱きかかえられ
父親に作られた小さな神輿の中で
肩に摑まった自慢気な瞳が 
私の内部を覗き込んで
忘れ物の在処を問いかけるが
突然の父親の頬ずりに幼児は堪らず
「エンチキドッコイショー」
子供神輿が髭の痛さに耐えかねて
かけ声宜しく泣きながら
町の横丁を練り歩く

抒情文芸選外佳作

投稿者 tukiyomi : 22:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年05月23日

コト、たりない

たくさんの本棚に囲まれた部屋に
一つのテーブルと 一脚の椅子
灰皿には薬の抜け殻と オーダー表
鳴らない黒電話、かける機会のない大型レコード
ここに来る人は饒舌の上にある沈黙を愛した

本が話し始めると
ボクはこの部屋の外側へ行くよりも簡単に 
時空を越えられたし
レコードは毎日僕に恋心を告白する
オーダー表があるから お腹も減らない
なのに、
テーブルの灰皿に薬の殻が
積まれていくのは何故だろう

鳴らないはずの黒電話から
 ─ 病院へ、、、 と、勧められ
ボクはテーブルの向かいに側で 
壊れて隠していた椅子に 辞書を置く

椅子は 泣いていた
ボクも 泣いていた
出会った時から対話していたはずなのに
辞書でヤマイ、の意味を見つけ出せない程に
ボクたちの間でコトバは 無力になった

壊れたあなたに凭れながら
ボクたちは互いが流す、温かなものさえ
信じられないままに
「 」に、コト、たりない

投稿者 tukiyomi : 04:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年04月01日

黒文字の家

猫が出入りできるくらいの隙間

かたづけられない机の上に書き留められた食材名と
予定の立たない献立
散らばりつづけるマジックの大きな黒文字の上に
母の頭がとけている

   夜、着信音が鳴る日に私は戻ってきた
   白かった子猫が薄汚れた雌猫になって
   母の隣で母を守っていたようにまるく眠る夜に
   
私たち親子は平熱でいられなかったので拗れた
隙間風の酷い家でよく風邪を引いた
熱が長い間続いたが
投げ出された体温計なら
ずっと平熱36.4度を指していたのに
家には二人のことを推し量れる人はもういなかった

言葉が無用意な夜
机の上から散らばるもので
親子は美しく完成されていく

あとは。

乱雑に脱ぎ捨てられた部屋着
小さな綿入り布団が隣に一式
予定のつかない献立の上に並べられている希望のようなもの
その、筆跡の読み取れない文字の掠れていく黒さ
手で顔を隠し続ける、白かった猫


その あとは。

猫が出入りしたがるくらいの隙間

投稿者 tukiyomi : 21:07 | コメント (0) | トラックバック (0)

トイレットペーパー

生協の宅配カタログと老女の一人暮らし
一週間生活するには一袋に四個入りで十分です
余るようなら
トイレットペーパーで鼻をかみ
水に浸けて汚れを落とす
それくらいは日常的

新聞だってクシャクシャに手もみして
紙を柔らかくしながら
お尻を拭いていた頃に比べると
紙質も便宜も使い勝手も良くなりました
ただ 家族が家に足りないという、その程度

生協の空欄に桁を二つ間違えて来た
二トントラックいっぱいの白い紙
部屋に入りきれないホワイトロール
周りの住人が遠方の息子夫婦に知らせたのか
トイレットぺーパーが老女の家から無くなるまでは
家族で暮らしたと言います
彼女が怒られたのか、嗤われたのか
虐げられたのか、は 知らないけれど

          ※

無知な娘のアパートでの一人暮らし
一番初めに無くなっていくトイレットペーパー

カラカラと乾いた軽い音を立てながら
人の一番汚い所の尻拭いをして
使い捨てられていく

実家にいたとき補充してくれていたその人の
胸の真ん中にもトイレットペーパーはあったのか
血の出ない大穴が空いて向こう側に通じています

トイレの横のゴミ箱で
老母の心臓が独りきり 不整脈になりながら
家族の帰りを待っています

投稿者 tukiyomi : 20:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年03月12日

赤穂の海はまだ満ちて

山育ちの子が海を知った
知らなければその深さも大きさも
わからないまま死んでいく
たった一日の出来事を
赤い水着を着た縁取り写真の子が
記憶を差し出す、午後五時九分の日没

赤穂海岸で俯きながら玩具のカジキで
アサリやハマグリを獲る、掘る、漁る、
私の顔は写真を捲るごとに泥にまみれている
浜辺では日よけ着を肩にかけた 若い母が
弟を抱えながら あやしている姿もあった

父と競って手を突っ込んだ腰下の海
集めた貝たちをポリバケツに入れてみたが
量り売りにあって
全部は持って帰れなかった 私たちの家路
父は亜麻色に灰色の斑点模様のついた
小さな巻貝を 私の手に握らせて
(こなしとったら、お父ちゃんと一緒やろ?
という、いつか来る嘘をお店で買ってくれた

あの浜辺から続く足跡と泥濘の下で
父の姿は 仏間に置かれ
強張った母の指が 洗濯物を折り畳み
そして 弟のいない家が佇んでいる
私の海は 何も生み出せないまま
乾いていくのだろう

山育ちの女の掌に 貝殻を置いていった人の
写真を眺めていると 指先から湿った水が
身体を巡り 私を濡らしていく

赤穂の海はまだ満ちて
赤い水着を着た小さな女の子が両手にたくさんの
貝を拾って私に差し出すのに
私は「ありがとう」すら 伝えられずに
嗄れた喉にこみ上げる
苦い潮を呑むばかり

※抒情文芸166号 清水哲男 選
入選作品(選評あり)

投稿者 tukiyomi : 22:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年02月22日

踊る猫

お腹が空き過ぎて、猫が踊る。猫が踊る。
トイレを我慢し過ぎて、猫が踊る。猫が踊る。
締め切り前に、猫が踊る。猫が踊る。
上司の駄洒落に、猫が踊る。猫が踊る。
   ((最近私は、猫の鳴き声を聴いていない
   ((どんな声で鳴いていたのか・・・?
   「ニャンという幸せ!」
・・・・やっぱり上司の駄洒落に、猫が踊る。猫が踊る。
勤務先で、猫が踊る。猫が踊る。
有無も言わさず、猫が踊る。 猫が踊る。
目が回るほど、猫が踊る。猫が踊る。
   「ニャンとかなるさ!」
   ((ニャアあああああああああァァァ・・・嗚呼・・・!

            ※
     
猫、ついに気絶、/

     、/おどる猫、おわる。

※(ネコフェス・掲載作品)

投稿者 tukiyomi : 22:25 | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとさらい

人攫いが家に来た
    革靴はいて背広着て
    お父ちゃんを借金のかたに連れ去った

人攫いが家に来た
     病気ばかりする子はいけないと
    私を家に帰しに来た

人攫いは呟いた
いつまでも この稼業じゃ儲からない、と。

      街にはびこるスポットライトの巨大な電子看板
     ネオンの空とレインボータワーが 色と高さを競い合い
     地上でテールライトが長い尻尾の残灯を燻らす
     街頭にも路地裏にも道先案内人のスマホが喋り
     同じ顔したビルの窓辺にチカチカ光るスライドショー
横顔だらけの会社員、一夜漬けの説明会

           ※

  街がサーカス小屋になった今、
  子供をさらって何になろう
  街が眩しくなった今、
  誰も人攫いを怖がらず、
  誰でも人攫いの顔をして、
  すべてで人攫いを馬鹿にする
     
           ※

私の父を 怖い顔で連れて行った人攫い
私の手を引いて 心配そうに家に帰した人攫い

     (私、くだらない大人になりました
     (今からでも どこかに攫っていただけますか  

私は人攫いと手を繋ぎ 
温かな、暗い所へ行きました

投稿者 tukiyomi : 22:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年01月29日

詩集を本棚から探していると 中指に小さな棘が刺さった

複雑に絡まった女同士の霊(ち)を
読み解く方法があったなら 私は重荷を捨てて
やすやすと違う名字の人と 暮せただろうか

古家
あまりにも濃い血をもつ 女同士の住処
距離も依存も馴れ合いも我が儘も屁理屈さえも
鏡に映して叩き壊せば 綺麗な朝は笑顔で訪れた

間に居た父が亡くなり
お互いがお互いを監視しながら 自由に生きたいと叫び
悦ぶことも手放すこともできないまま
手を繋げば繋ぐほどに 息苦しいだけの私たち

背表紙に棘を忍ばせていた その詩集は
母親の名を二重線で消し
産道から生まれたのは 自分と恋人だと認めてある

   チクチクと中指の痛みが 疼きに変わり 
   棘は血流に 飲み込まれていく

詩集に絡まっていた棘が 
女の見えない部分をゆっくり流れていく
それはいつしか巨大な肉腫に腫れ上がる

医者はその時 手遅れだと宣告し
母の後を追うようにと 毒入りの
真っ赤な坩堝を手渡すだろう

             ※

詩集を本棚から探していると 中指に小さな棘が刺さった

棘は私を決して赦さない
それでいい それでもいい

私は何かに謝りたかったのだ
絡まり続けた糸が いつか解けるように、と
夢を見ながら 今夜 血の池に沈む

投稿者 tukiyomi : 22:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年01月23日

野良

ご主人様を探す野良、愛に渇いてしまう野良
赤い首輪も良いけれど、首根っこを強く掴んで欲しい
目を離す隙もないほど、息苦しいくらいの視線が欲しい
でも、ご主人様は優しくて、野良がご主人様を喰ってしまう
どんな主人も野良の「主人」になれなくて
愛に渇いてしまう野良、ご主人様を探す野良
           ※
聞き耳立てて、口コミ、垂れ込み、しゃがみ込み、
啼いて叫んで日が暮れて 名前を呼んでと啼いた日に
野良につける名はないと 家にあげてくれた人
男は野良の裏と表を使い分け、自由気ままに弄び 
首に見えない赤い紐、上手に結んでくれた人
           ※
((野良よ、野良よ、どこにいる?
やがて月日は反転し、主人は野良がいなけりゃ、息出来ぬ
ご主人様は泣き続け、野良は主人をかわいがる
           ※
野良よ、野良よ、と何度でも 幾度も何時でも呼ばれる程に
野良は主人の顔をして 主人に猫の名を付ける


(前橋・ネコフェスに書いたもの)

投稿者 tukiyomi : 22:31 | コメント (0) | トラックバック (0)

箱舟

箱舟に私たちは乗せてもらえないという
箱舟に乗る人は
あらかじめ定められているという

同じ話をしに 毎度毎度 
家のチャイムを鳴らす
熱心な伝道者よ

その話は家の外でしてくれないか
この家は箱舟のように立派でもなければ
空飛ぶ仕様でもない
偉大なカタカナの名のつく人が造った造形物でもない
デカイ台風が一発来たら 瓦が飛んで粉々になるだけの
素人仕立ての壊れ物

偉い言葉など何一つ残せなかった父が 家族のために建てた家
その父に騙されて結婚などしてしまった母の家だ
そして黒い煤ぼけた古い仏壇に位牌が並ぶ先祖の住処だ

人の内にいる鬼が指差し決める良い子、悪い子、間の子 
選別しながら 私の家にも不審な指の音を届ける

「カミサマはなぜ、人を愛されずに人を裁かれるのですか」
という問いを 箱舟に乗せて玄関先から流して見送る

私たちの居場所は 
カミサマの舟から 一番遠く
父の てのひらから 近い

投稿者 tukiyomi : 22:29 | コメント (0) | トラックバック (0)