« 有楽町と宝クジとK-20(2) | メイン | 早とちり 2) »

2009年01月21日

早とちり

今日になってオバマ大統領就任演説の詳細に目を通したら、昨夜のリアルタイムの印象および中継の事実関係の把握にだいぶ勘違いがあった。
やはり急いてはアレだ。引っ込めて、ちゃんと整理し書き直そう、と再考。

オバマ大統領就任演説は翻訳記事をちゃんと読めばもっともで、文句のつけようのない全方位の世界回復宣言だった。ダイジョブ、マイフレンド

ファシズムと紙一重の熱狂にクールダウンを図ったのか、退路を断ったのか、開けたのか。
リアルタイムでセレモニーを見ていたときには単に八方美人のノーテンキ(ノーチェンジ)にしかみえず、なにを言いたいのかわからずガッカリしたが、じつは爪を隠しているなあと再認識した。ことに憲法のくだりでは。

憲法を守護するにも爪がいる。米は軍だろうが、おいらの町にはかつて八九三がいた。

つづく

投稿者 oqx1 : 2009年01月21日 17:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/8467

コメント

コメントしてください




保存しますか?