« 絨毯爆撃の夢 | メイン | コピーランナーの夢 »

2005年08月07日

お祭りだ

ここ数日、近所は祭り一色だ。3年に一度の「住吉神社例大祭」のさ中なのだ。佃の住吉講を中心に月島、勝どき、晴海の町会連合で催されるけっこう名の知れた勇壮な祭りである。
その佃、月島、勝どき、晴海をまんま渡り住んで17年になるがいまだに異邦人のまま。このときだけはそれがちょっとさびしい。
はじめてこの地に来て佃小橋をわたったときはかるく眩暈を起こしたものだ。そこはこの世とは思えないほど不思議な空間だった。植木屋の目を洗うような柳の緑、ひっそりとした店先に並ぶ鮮やかな朱塗りの茶碗や箸や小物入れ、やたらと煙突がでかい風変わりな銭湯、大きな幕暖簾を張った佃煮屋、そして住吉神社 … 吉本隆明さんの生家もこの近所だったらしい …
後に「千と千尋の神隠し」の世界はこの空間をモデルにしたといわれるが、そのときの印象はそれ以上だった。それと、佃から月島にかけていくつかの家に「住吉連合」と表札がありヒエーとビビッたりもした。あとで町会連合のことだとわかったが。
17年経ってこの一帯は小ぎれいな超高層長屋が林立し、町の赴きもだいぶ変わったけれど、祭りのときだけはずっと前から時が止まっていたかのような幻覚を呼び起こす。
明日は佃から勝どきに渡り一泊した八角神輿という本社神輿が再び佃側に戻されるのだが、この引渡しの際に両者奪い合いで警官まで動員する騒動となり、そこへ地元の親分さんが颯爽とあらわれ仲に入って手打ちとなる、という大団円があるらしいがまだ見たことがない。

投稿者 oqx1 : 2005年08月07日 20:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/8447

コメント

へぇー、佃島にすんでいるのですね。なんだか、行ったこともないのに、知ってるような風景ですね。どこかの橋を渡って島にはいるんですね。ちょうど、あの詩にあるような。「これからさきは娘に云えぬ」なんてなつかしいですね。て゜も、その娘さんがあんな

作家になると思わなかった。ですね。

投稿者 白い道 : 2005年08月08日 07:31

あれ、そうか、いまも佃に住んでいるように読めますね。佃に住んだのは6年ぐらい前までの数年間、その前は勝どき、いまは晴海に住んでいます。月島駅を基点に半径1kmも満たない狭い地域で転々と引越し暮らしをしているわけです。はは

投稿者 oqx1 : 2005年08月08日 14:35

コメントしてください




保存しますか?