« 大庭みな子 | メイン | Ashes and Snow »

2007年06月02日

旅のこと

 このところペッパーランド終刊号の「夢、隠された森」というテーマでの詩をなかなか完成できず、いたずらに日を過ごしていたので、ブログで旅のことを書こう,書こうと思いながら日が経ってしまった。
気がつくともう旅から帰って、10日近く経っている。
 それでもまぶたの裏に車窓の立山連峰や、久しぶりの前田ちよ子さんを囲んでの同窓会?的情景がついさっきのことのように浮かんでくる。帰ってから彼女の詩集「昆虫家族」をあらためて読み直してみて、彼女の独自な感性をまたあらためて感じた。書かないでいることが、惜しまれる。今はいろいろな事情もあるだろうけれど、必ずこのような独自な表現の場に帰ってきて欲しいと思う。

 富山では県立近代美術館でルオーの大きな版画展をやっていて、どちらかというと敬遠しがちだった宗教的なものより、サルタンバンクやサーカスなどをテーマにした市井の人々の生気が立ちのぼる作品群に心を引かれた。さらに常設展では、思いがけず初めて出会ったクレーの画や、デルボー、エルンストなどの魅力的な作に出会えて嬉しかった。見終わってから、荒川みや子さんと、野の花の生けられてあるティールームで、ルオー展にちなんだ《聖ヴェロニカ》という特製コーヒーを飲みながらいっときおしゃべりをした。また、富山では池田屋安兵衛商店で、かの越中とやまの反魂丹を買うことができたので、これからしばらく、安心して?飲みすぎることができるかも!

 金沢では室生犀星の記念館が印象的だった。あっけらかんとした散文的な金沢二十一世紀美術館とは対照的に、静かでこじんまりとして、犀星の手書きの原稿や、朝子さんの語るビデオなど…、いかに犀星が愛され、その詩が大事によまれているかを感じた。
 
そして今回の旅の圧巻は、その夜、宿の近くでとった夕食。地酒を飲みながらの、この地方の今だけとれる白えびのから揚げや、ホタルイカ、のど黒の塩焼き、山菜のてんぷらなど、あまりにもぜいたくな晩餐。これは今回の旅のクライマックスかも…ああ、単純。

 なぜかこの富山、金沢の旅の記憶はとてもあかるい。五月の光のなかの緑と、日本海の青と、そして雪をかぶった立山連峰の白と、に縁取られて、私の記憶にくっきりと残りそうだ。

 それにしても、「前田ちよ子さん、待っているから、復帰してね。」

投稿者 ruri : 2007年06月02日 20:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/3530

コメント

今日、はじめて、ブログをお尋ねしました。
こんなふうにたどり着くことが出来るのですね。
新鮮で、なんだか迷子になりそうな気持ちです。

昨日は、ありがとうございました。おいしいものを食べて、おしゃべりして、本当に楽しかったです。映画の話は盛り上がりました。私もずいぶん割り込んで話し、みんなに笑われました。あれから、また、三鷹でユリイカさんとお茶とお菓子で、おしゃべりしました。とてもゆったりした一日でした。
またこんなことがありますように。お礼をこめて。
「確認」と「投稿」とどっちにしたらよいのかわかりませんので、
「投稿」を押してみます。ありがとうございます。

投稿者 山本楡美子 : 2007年06月15日 13:12

 せっかくいただいたコメントに今ごろ気がつきました。なんと20日近くもたってから!中華街での会食はとても愉快で、心たのしいものでした。映画の話もっともっとしたかったですね。いつか続きをやりましょうね。
 あの後写真も送っていただき、嬉しかったです。またお会いになったらユリイカさんによろしく。

投稿者 ruri : 2007年07月03日 22:29

コメントしてください




保存しますか?