« 気になるCM。 | メイン | 外国語克服講座? »

2006年02月06日

リリーさんの「東京タワー」。

本を読む前に装幀や挿画が誰なのか必ず見る。
「東京タワー」を読む前も見た。
中川雅也、中川弘治?誰だっけ?リリー・フランキーじゃないんだ。
そう思って読み終わる頃、この二人が誰なのかがわかってくると
この本の重みが増したような気がした。

本の内容は書かないでおこう。
書くと演歌っぽくなりそうだし、たぶん読む人によって感じ方はちがうはずだ。
ただ、この本に誰もが思い浮かべることがあるとすれば自分の親や家族のことをだろう。
今、前や上だけしか見たくない人、まだ振り返るには早すぎるーと感じている人は
読まないほうがいいかもしれません。(笑)

変色した「ブルータス」(1993)で見つけたリリーさんのイラスト。
たぶん、この頃だと思う。人間じゃなくなってしまいそうな極貧生活をしていた時代。
(詳しくは「東京タワー」をお読みください。)

M美大に通っていた時期が1年重なっていた。
玉川上水の同じ風景を見ていたんだ。
上水沿いはどの季節も美しく、木漏れ日の小道がずっと続いてた。
そんな個人的な記憶、懐かしい風景も通過しながら
「東京タワー」はいろーんな人が登場しておもろ切ない。
泣いたかと聞かれると息子からオカンへの直球ラブレターだもんね。(T_T)
ズシッとバシッとド真中あたりに投げ込まれます。
読み終わってみてどんな本だったかなーと浮かんでくるのは
澄み切った青空を見上げながら、何年も漬込まれて味のしみーた漬け物を
ぱりぱりっとかじるような感じとでもいいましょうか……。
「おでんくん」の泥臭ーい面白さもオカンへのレクイエムに見えてきた。(^_^;)

地上デジタルに移行していく中で
東京タワーは将来取り壊されるかもしれない。
そうなったら東京は色のない殺風景な景色になるかもね。
いつかそんな日がきたら東京から離れたところにいる私も寂しいと思う。
そうーいえば、東京タワーの中の怪しい空間「蝋人形館」は今もあるのかな。

投稿者 jinbei : 2006年02月06日 21:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/3207

コメント

jinbei氏の感想とリリー氏のイラストに

かなりギャップがあるんですけど(笑)、

そのへん「おもろ切ない」カンジ?

演歌は好きですし、性格もかなり後ろ向きなんで、

是非読んでみたいと思います。

投稿者 monkey : 2006年02月08日 02:05

ティッシュ箱を横に読んでました。

その後、体内に塩分が足りなくなったせいか

自分で漬け物をつけ、梅干しを買って食べてます。(笑。でも、ほんとです)

投稿者 jinbei : 2006年02月08日 19:16

「東京タワー」は知人にもいよーと薦められて読んでみたいとは思っているんだけど、泣くのがねー(T_T)

復活力の無くなってきたお年頃・・・時期を選んじゃってます。

投稿者 emiko : 2006年02月09日 20:14

私も年々、免疫低下で泣きに関してはダメダメなんだけど……。

この先タイミング逃すと読まない!と思いまして、多少イキオイで……。(笑)

「おなかがすきました」

このセリフ、いい場面なんだけど笑っちゃってさっ。

投稿者 jinbei : 2006年02月10日 20:23

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?