« 内面への道 | メイン | フリ・フル・フレ »

2012年01月25日

ソワレイ

P1010851.JPG

     ソワレイ                                            木下夕爾(1914-1965)

      1
 罠にかかった獣のやうに
 夕暮は戸口に来て
 すわっている
 わらくづほどの光をつれて

 あ 乾草いろの月がのぼった
 少年たちは
 ハモニカのやうに
 たうもろこしの実をくはへて
 紫蘇畑の方へ出てゆく

      2
 ゆふぐれが来て美しい網をひろげる
 そして捕へる まだあそんでいる子供たちを
 エエテルのやうに 空気は軽くいい匂ひがする
 僕は木かげの石に腰かける
 それはさつきまで夏が抱いてあたためていた白い卵のようだ
 あたりにすずしい時間が立止る
 僕はおとなしい家畜の眼をする
 樹脂が流れる方へ向つて 僕の耳はひらかれる
 遠い沼がマグネシウムのやうに光つている・・・・・・


 この詩を読むと、どこかなつかしい気持ちにさせられてしまう。淡いものがゆるやかに流れていて、とても美しい。

投稿者 eiko : 2012年01月25日 19:32

コメント

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?