« 毛虫 | メイン | 新年 »

2011年12月31日

風は昼さがりに

P1010842.JPG
家のまわりはとても静か どちらかというと年配の人たちが住んでいるので、外まわりはとっくにすませてある。窓なんてどの家もきれい!!! 同じ年配でもあたふたしているのは私ぐらいか?で掃除はもうあきらめて、今年は黒豆や小豆をもらったので昨日からせっせと(?)台所に立っている。ごまめに身欠きニシンに栗きんとんにぜんざいに・・・・作るのはいいが誰が食べる?という疑問ありだが、作りだすとこれが意外と止まらないのである。
つい最近、森口祥子さんが詩集『風は昼さがりに』を土曜美術出版販売から出された。森口さんは詩誌『青い階段』でご一緒させてもらってる先輩である。能ある鷹は爪をかくすタイプ。帯に一色さんが「森口さんはいつもひとり、考え込むようにじっと何かを見ている人だ。・・・・・その視線があまりにも優しいので、世界にはいつも穏やかな風が吹く。・・・』と書かれているが、そうそんな感じの人。でも結構ちゃめっけあるし、声が低いから一見孤独っぽく見えるだけかもしれない。それになにかも底なしっぽいし。詩集のタイトルになった詩を紹介します。

     風は昼さがりに
              森口祥子

 木漏れ日の中を
 風は静かに吹き抜けて行った
 果たされなかった約束のように

 もういいんだ と
 ひとり言をつぶやいて
 声が消えてゆくのを
 待った

 枯れ葉のように落ちてきた
 蝶が
 ぬかるみの上で
 黒い斑点のあるオレンジ色の翅を
 ばたつかせる

 リュックに付けた鈴を
 リズミカルに鳴らしながら
 二人連れが追い越してゆく

 こんにちわ と
 小さく呼びかけて
 声の行く方を見つめる

 燃え始めたばかりの
 ナナカマドの向こうに
 遠く ベイブリッジが見える

 立ちつくして
 私は今を肯定する

 林は風を待っている

投稿者 eiko : 2011年12月31日 13:39

コメント

2連目がぐっと胸にしみました。
森口さんにお会いすることがありましたら
よろしくお伝えくださいませ♪

投稿者 KO.KO.DAYS : 2011年12月31日 15:26

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?