« 料理1 | メイン | 針穴くぐり »

2011年11月22日

放射能X

P1010802.JPG
写真は昨日の続き。
 1954年制作の映画『THEM』日本では『放射能X』というタイトルで放映された。ある年代なら見た人は多いと思う。私もそのある年代。
 ニューメキシコの砂漠で、蟻酸が原因と思われる死体を発見。残された足跡を手がかりに、メドフォード博士とその調査団が組織される。その結果、原爆実験の放射能が体長3メートルの蟻を作り出したことが判明。女王蟻がロサンジェルスに向かい下水道で繁殖。人間を襲いはじめる。巨大蟻軍団と合衆国政府が人類存亡をかけて壊滅作戦という内容。今の映画に慣れた人なら、蟻だかなんだかちょっと分からない巨大な虫の動きには笑っちゃうかもしれないが、この巨大蟻が現れるときに聞こえる耳触りな音(蟻って声だすの?)は結構不気味。それにゴジラとかと違って、蟻は身近にいるからイメージしやすいというか、もしかしてありうるかもと思わされてしまうとこがぞくっとする。それから放射能による突然変異もリアリティーありだし、ずっと昔から蟻はカタチを変えていないことの気味悪さ(蟻さんすいません)、戦争をするのは人間と蟻だけ(映画の博士が言ってた)ということなど、単に空想物語ではすまないかも!と思わされる。最後に人間は勝つのだけれど、そのときの会話、「1945年の核実験の副産物がこれなら、そのあとの実験は?」「知らないわ」そして博士が言う「原始力時代は新しい世界の扉をひらいた。この世界で何が起きるか誰も予測できない」そして映画は終わり。50年以上も昔、巨大蟻の恐怖と放射能汚染の後遺症を鋭い視点で捉えたゴードン・ダグラス監督はすごい!タイトルのTHEMは巨大蟻を見てショックで失語症におちいった女の子が蟻酸を嗅がされ、我にかえって初めて叫んだ言葉「them!them!them」

投稿者 eiko : 2011年11月22日 14:41

コメント

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?