« 貝殻の丘 | メイン | 息子の発見 »

2011年10月23日

ねえ

伯母がなくなった。母の姉で97才、随分年の離れた姉だった。これで母の兄弟、姉妹7人全員がなくなった。なんだか死の前線に立たされた気分。今度は自分を含め、いとこ達の世代に死がやってくる、そんな気分なのである。
 中井ひさ子さんが8年ぶりに第三詩集を出された。『思い出してはいけない』というタイトルで少し幅の狭いハードカバーの素敵な詩集である。中井さんの作品は、ほぼ読んでいるという間柄なので、私はあまりよい読者ではない。個々の詩が書かれたときの状況?などが、どうしても思いだされてしまい、先入観がぽやぽやっとじゃまするのである。でもこんな個人的なことは関係ない。帯に「ちりちり痛む26の寓話的詩篇」とあるように、大きなやけどでヒーフー叫ぶのではなく、読むごとにちりちりちりちりどこかが痛む、切なかったり哀しかったりふっと笑ってしまったりの、そんな作品群である。彼女がそこにいるような作品をひとつ紹介したい。

   ねえ        中井ひさ子

 公園の石段で
 イグアナと出会っても
 黙って横に座る

 見なれない風だって
 吹く

 せっかくだから
 ねえ

 関わりあい方の
 練習してみる?

 ずい分ながい間
 確かめること
 忘れていた

 身をよじって降りてくる
 空を
 他人事のように
 見上げる

 並べて置いてきた
 いくつもの
 語らない耳

 泣かせるね
 乾いた
 その目

投稿者 eiko : 2011年10月23日 22:48

コメント

私もこの詩が好きです。中井さんの詩の中でも印象的な一篇です。いいですね。                        

投稿者 ruri : 2011年10月29日 10:13

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?