« 秋のオランダ | メイン | 貝殻の丘 »

2011年10月03日

バーモントの秋

神奈川新聞は日曜日毎に「旅人のうた」という見出し?で10行の詩を載せている。この「旅人のうた」は最近はじまったばかり、その前は「港」でその前は「食卓」だった。書き手は横浜詩人会の会員たち。20字10行という枠組みがいいのか悪いのか分からないが、読む側にたつとおもしろい。それぞれの展開の仕方や切り取る角度など、なかなか個性的。昨日の日曜日は水野るり子さんだった。こんな記憶があるなんてうらやましい。

  バーモントの秋
              水野るり子


 ワッフルを見るとバーモントの秋がよみがえ
 る。まぶたの裏に染み入る黄葉の木々をくぐ
 り、おしゃれなペンションに着いた。エリオ
 ットの詩集の置かれた暖炉…ふわふわのベッ
 ド。詩の頁をめくるような夜だった。だが、
 朝食は散文だった。客たちの流ちょうな英会
 話が食卓を燕のように飛び交い、私の耳では
 孤独な電線が風に鳴りつづけた。…でも、不
 思議だ。今では思いきりアップにされた黄金
 色のワッフルだけが記憶の皿に載っている。

投稿者 eiko : 2011年10月03日 22:24

コメント

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?