« 簡易ばば | メイン | 秋のオランダ »

2011年09月27日

まなざし

やっと秋という感じになった。体もゲンキンなもので、やっとこさ、さあ片付けるぞという気分。で夏服の整理を始めたが、もともと苦手分野とあって、散らかる一方でちっとも片付かない。うろうろしてるだけで情けない・・・・そんなときポストがごとんとなった。行ってみると宇佐見孝二さんの個人誌『アンドレ』9号が入っていた。ちょっと久しぶり気分だったが、編集後記を見ると3年ぶりとある。うそでしょう???まあ三ヶ月とは思わないけど1年ぶりあたりの感覚。ということは私は1年で三才加齢する・・・犬は我ら1年で七才分だから、それよりかはまあだいぶいいけど。で「アンドレ』だが、冒頭の詩「まなざし」は今日読むのにぴったりな詩で、なんだかとてもうれしくなった。黒部節子論も第5回目、作品図解は楽しみだ。黒部節子さんの詩はとても好きなので。

   まなざし
          宇佐見孝二

 秋の草原では
 草が
 陽にひかっていた

 そんな草原ははじめてではなかったが
 陽にひかった草と
 ちいさな蜂が蜜をもとめた花と
 風と
 そして見ている
 ぼくを
 ひとつのおおきな
 まなざしの中に置いて
 秋は咲かせていた

 おおきなものは
 花と風と蜜蜂と
 ひかった草も
 ぼくも
 ひとしく
 咲いているものとして
 見つめていた

投稿者 eiko : 2011年09月27日 15:36

コメント

(おおきなもの)と、さりげなく表現しているからこそ、そのおおきなものが光ります。それぞれの存在を、(咲いているもの)とした感覚にも共鳴しました。

投稿者 青りんご : 2011年09月30日 20:49

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?