« 蝶 | メイン | 簡易ばば »

2011年09月21日

花のスタイルはホリゾンタル

P1010744.JPG
『村上春樹の「物語」』河合俊雄を読みはじめたら、今一度『1Q84』を読みたくなった。実をいうと『1Q84』は春樹の作品の中では、今いちだったのである。むしろ批判的だったかもしれない。それでもすらすらと読んでしまった。村上春樹の小説は麻薬性がある。すらすらと読めるけど読み終わったあと何だろうと思うその何故の不思議さ。えっ!これ私のこと書いてる?と思わせる共通意識。このあたりに、はまって次々読んでいるような気がする。現代の意識を見事に捉えているものとして以前から関心があったとこの筆者も書いているが、しかし春樹論のなんと多いこと。なにか言いたくなっちゃうんだろうなと思う。春樹のエッセイ集も最高におもしろい。掃除機かけながらでも読みたくなる。一体なに者?

投稿者 eiko : 2011年09月21日 14:29

コメント

分かります。同感です。わたしは、掃除機をかけるのを止めて、読んでいます。

投稿者 青りんご : 2011年09月23日 22:47

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?