« 向日葵 | メイン | 秋 »

2011年09月10日

気になる詩

  トミノの地獄
           西条八十

    1
 姉は血を吐く、妹(いもと)は火吐く
 可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
 ひとり地獄に落ちゆくトミノ、
 地獄くらやみ花も無き。
 鞭で叩くはトミノの姉か、
 鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
 叩け叩きやれ叩かずとても、
 無間(むげん)地獄はひとつみち。
 暗い地獄へ案内(あない)をたのむ、
 金の羊に、鶯に。
 革の嚢(ふくろ)にやいくらほど入れよ、
 無間地獄の旅支度。
 春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、
 くらい地獄谷七曲り。
 籠にや鶯、車にや羊、
 可愛いトミノの眼にや涙。
 啼けよ、鶯、林の雨に
 妹恋しと声かぎり。
 啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、
 狐牡丹の花がさく。
 地獄七山七谿めぐる、
 可愛いトミノのひとり旅。
 地獄ござらばもて来てたもれ、
 針の御山(おやま)の留針(とめばり)を。
 赤い留針だてにはささぬ、
 可愛いトミノのめじるしに。

大正8年に刊行された西条八十の最初の詩集『砂金』におさめられています。
はじめも終わりもなく、耽美的なこのゾクゾク感、どんどん落ちていく感覚、なんといいましょうか、一度読んだらわすれられなくなる詩です。
 

投稿者 eiko : 2011年09月10日 11:06

コメント

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?