« プレゼントに | メイン | 冒険という言葉 »

2011年08月11日

ことの葉っぱ

    ことの葉っぱ
            星野元一

  畑はみごとな ザッソウ
  という名の葉っぱばかりだ
  
  たしかに前世は荒地で
  地主はザッソウであったのだ
  とっくに
  観念している
  だからせめて
  わたしの机の紙の畑も侵略し
  ナスやキュウリやトマトにはなれない思想の
  ことの葉っぱたちを整列させ
    オメエーラ!
  と頭を棒でたたき
  ケムシやカメムシやカやアブやハチ
  をほっぺたにくっつけ
  死んだモグラやネズミやトカゲやヘビ
  を目の前にぶらさげ
    イイカ!
    アヤマレー!
  と怒鳴って
  鼻をこすってみてはくれないか
  昭和の餓鬼大将のように

  ことの葉っぱは
  気位ばかりが高いのだ
  わたしが諭すと 嫁のように
    フン といい
  昔の姑のように
    ヘン といってそっぽを向き
  わたしの育てた畑の野菜に
  けちばかりつけてくるのだ

今日、星野元一さんの個人詩誌『かぎゅう』39号が届いた。この作品のほかに2篇とゲストの新保啓さんの作品。どれもおもしろい。「地主はザッソウであったのだ」なんて、日頃ザッソウを目の敵にしている私はどきり。そうだよなそうだと妙に納得して、でもやっぱり観念なんかしないと思いつつも、やっぱ私も観念してるのかもしれない。ついでに私はバッタも追加したい。しかし言の葉は、本当に気位高くて気難しいです。

投稿者 eiko : 2011年08月11日 11:32

コメント

作者の苦闘(?)ぶりが、勢いを削ぐことがないユーモアも加わり、面白く、生々しく、伝わってくる作品ですね。いま、わたしもまた、いったん収穫したものを紙の畑に戻し、作り直そうなんて、とんでもないことをしているので、気位の高い言の葉の猛攻撃に合っているところです。

投稿者 蒼りんご : 2011年08月12日 06:03

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?