« 『K』という本 | メイン | 葡萄 »

2012年09月21日

こじんまりしたブーケだけど

P1020029.JPG
9月も後半に入ったのにまだまだ昼間は暑い。涼しそうでいい色と思ってこのブーケ作ったけど、2日ほど見てたら、なんかちょっと寂しそうと思えてきた。やはり秋なのかなあ!!秋色のアレンジを飾りたいと思った。でもこの花は1週間は保つから、うすくなっていく夏の感触でも楽しもう。富岡多恵子のずいぶん昔のだけど『歌・言葉・日本人』という本に、ひとは階級をつくるのが好きであるというフレーズがあった。詩も階級があり音楽も階級がある。時代や人が作った階級だけど。無意識にどこかで洗脳されている自分がいる。本当に好きなものをきちんと見る目がほしい。欲ばりだけどすべてにおいて。

投稿者 eiko : 2012年09月21日 18:27

コメント

涼しそうで、いいブーケ!暑い季節になると、私は正直に赤系のホットな色は受け付けなくなるし、(着るものはもちろん、
身近に置くものも。)それから冬になるとビールがだめで、ワインになる…という具合で、感覚は正直ですね。つまりまだまだ暑いワケですね。

投稿者 ruri : 2012年09月22日 09:53

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?