« 2006年08月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月22日

おしゃれ工房

前回ブックカバーを手作りしている事を書きましたが、
思った以上に反応いただいたので、今回はブックカバーの作り方をご紹介!

<用意するもの>
・パソコン+プリンター
・ごく普通のプリンター用紙
・はさみ ・のり ・セロハンテープ
covermake.jpg

*サイズは版元によって多少サイズが違うのでご注意。文春、新潮などはこのサイズで大丈夫です。
*B4の紙だと、折り返し部分が長く作れるので、このような小細工不要です(笑)

cover.gif
2006秋冬の新作です!
左は雪の結晶、右はお得意?!の馬モチーフです。
色は彩度が低い方が電車の中で読むには、馴染んでオススメです。
あと、怪しげなロゴをいれるとそれっぽくなります。笑

↓上記の左側のブックカバー図案です。よろしければご利用ください♪
(青い字をクリックすると、別ウインドウがでます。仕様は文庫本サイズです)
☆おまけ

投稿者 minori : 15:29 | コメント (3)

2006年11月15日

読書する女

061115.jpg
ただいまー。やっとこさblogに戻ってまいりました。何ヶ月ぶりの更新だよ!!
子供の頃から日記は大の苦手で、夏休みの最終日にテキトーにつけていました。
大人になってもダメなヤツです。トホホ。

毎日電車に往復1時間以上乗っているのですが、
電車の中での楽しみは読書です(人間観察も大好きなんですけど)。
車内はたいてい混んでいて、立っていることがほとんどなので
車中のお供は専ら文庫か新書。
内容は話題のものから、なにやら怪しげなものまで読んでいます。
まぁ、体よく歴史物といいいますか。
なので、ブックカバーとしおりは必需品です。
(カバーがないと恥ずかしいくらいの怪しい本です。たまにグロテスクな挿絵があります)
読んでいる本がアレなので、ブックカバーとしおり位はラブリーなモノを使用しています。
カバーは毎回パソコンで気分にあわせてデザインしてます。
文庫の場合A41枚で作れるので、けっこうオススメ。
しおりは上記の子たちがお気に入りです。

<一番左>ミキモトのしおり。背の部分にひっかけるタイプ。
ステンレス製でちょっと重たいのですが、ペーパーブックのような装幀の本を
読むときに使用してます。実は、、、とっても気に入っていたのですが、
しおりの先についていた、パールをなくしてしまって、残念な姿になってしまっているので
写真ではしっかりトリミングしてます。
<左中>エルメスのしおり。くわえこみタイプ。
今年の誕生日に自分へのご褒美に清水の舞台から5回位飛び降りて購入しました。
何かの雑誌でこの子を見た瞬間、「連れて帰りたい!」衝動がおきました。
だって、お馬さんですよ。カバみたいだけど。。
お馬さんがページをぱくってくわえている姿があまりにもツボだったので。
ちなみに落としたらコワイので、観賞用です。
<右中>エジプト土産のパピルスでできたしおり。ふつうのタイプ。
むかーし、お土産でいただきました。エジプト土産の定番、パピルスです。
絵柄がビミョーに版ズレしている所がご愛敬。
高校生の時、世界史の先生(♂)がこれと同じようなパピルスを持っていて、
授業中にみんなに見せてくれたのですが、凶暴女子高生の私たちは
ちょっとずつ端をちぎるという、心ないいたずらをしました。
このときばかりは先生、涙ぐんでました。ごめんなさい。。。
<一番右>オーストラリア土産のカンガルーしおり。はさみこみタイプ。
これもお土産の定番ですが、かなり使い込んでいるのでもうヨレヨレで、半死状態です。
小難しい本でも、この素っ頓狂な顔に心癒されます。
ちなみに、デフォルトのしおりでは文春文庫についている、
中世の版画風のイラストの入ったものがお気に入りです。

061113.gif
街で見た気になった読書する人たち。
電車で隣に座っていた女性。
ぼろっぼろで、紙の焼けた文庫本。
しおりがわりにどんどんページの端を折ってました。
ちょっとかっこいい。
              もう日が落ちて、薄闇の中、歩きながら本を読む中学生。
              ほんと、もう暗いのに、字の小さな文庫本を一心不乱に
              読んでいました。通学バッグは頭からかけていました。
              「目悪くなるよ」「危ないよ」って。。  

投稿者 minori : 15:17 | コメント (4) | トラックバック