« 2006年03月 | メイン | 2006年05月 »

2006年04月27日

あれから12年・・・そして、皇帝と呼ばれる男

先日、フェラーリのお膝元イモラサーキットで行われたサンマリノGP。
前回のグダグダオーストラリアGPに比べ、意味深いレースになりました。

イモラサーキットの正式名称は
「アウトドローモ・エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ」で
フェラーリの創始者の名前がついておりティフォシ達で毎年真っ赤に染まります。
フェラーリがこの地で勝利することは至上命題。
今年はシューマッハがセナの大記録をうち破る66回目のポールポジションから
そのままの位置を守り抜き、ティフォシ達の待ち受けるゴールを先頭で駆け抜けました。
イモラは抜きどころの少ないコースなので、チーム戦術がキーとなります。
シューマッハはペースのあがらないマシンを正確に操り、チームの戦略もズバリと決まり、
今や飛ぶ鳥を落とす勢いのF・アロンソの追撃をかわしました。

注目の日本勢は、ホンダのマシンを駆るJ・バトンは予選でフロントローを確保するものの、
不可解な3ストップとピット作業の不運も重なりあえなく7位。

スーパーアグリも琢磨&井出両選手ともリタイアという残念な結果に。
レース初盤のC・アルバースとの接触によって、井出選手の走り込み不足と
マシンのスピードのなさを露呈する結果となってしまいました。
パフォーマンスが向上している(アロウズの面影なんかないとかなんとか・・・)
SA06マシン投入が待ち遠しいです。


「音速の貴公子」と呼ばれたA・セナがこのイモラの地で散って12年。
シューマッハはこのスーパースターを失ったF1界で着実と力をつけていき
ついに、すべての大記録を塗り替えました。
その記録の数々は「皇帝」と呼ばれるのにふさわしい栄誉あるものです。
トップドライバーとして要求される彼の正確無比な緻密な走り。
レギュレーションによるチーム戦略の巧みさ。
常勝チームには欠かせないこの2つの要素ではありますが、
見ている私はしらけた気持ちになり、F1から足が遠のきました。
そう、彼に対抗しうる強い個性を持ったライバルに恵まれなかったためか。
好敵手として、2度のワールドチャンピオンに輝いたフィンランド人ドライバー
M・ハッキネンや、英国のスターD・ヒルがいたもののいまいち華やかさにかける
気がしました。(ファンの方ごめんなさい)
セナの時代、ホンダエンジンの活躍、中島悟氏から連なるの日本人ドライバーの参戦もあいまって、
私はF1サーカスに熱狂しました。それは、「ヨーロッパ至上主義」の中において、
南米出身のドライバーの一発の速さには目を見張るもののある天才的な走り。
彼を太陽とするならば、月の存在がその計算された走りから「プロフェッサー」と呼ばれたA・プロスト。
1988年のシーズンは同チームでありながら、チームオーダーを無視した(ように見えました)
2人のしのぎを削る争いは凄まじさを感じました。
この絶対的ベビーとヒールの絶対的構図は見る物を楽しませます。
脇を固める役者も面白く、その破天荒な走りが魅力の風貌にも特徴のあったN・マンセル。
セナの影にかくれてでやや脆弱な印象もありましたが、その朗らかな人柄で人気のあった
G・ベルガー(私は当時ベルガー贔屓でした)。いぶし銀の味を醸し出し始めた
全王者N・ピケ、そして若いJ・ハーバートらもがんばってました。
今回、皇帝ミハエルは彼らしい堅牢なドライビングで勝利しました。
セナを失った後のF1を支えてきた彼には、「皇帝」という称号よりも「レコード・マイスター(職人)」
の称号の方が彼らしい気がしてなりません。
A・セナはトップのままこの世を去りました。記録だけではなく、記憶に残る数々の走りを残して。
あれから12年・・・シューマッハの今回のレースはセナの思い出とアロンソという若きライバルによって
「皇帝の意地とプライド」という、記憶に残るレースとなりました。

sena1.gif

投稿者 minori : 16:49 | コメント (3)

2006年04月06日

おつかいもの番長#1

100%CHOCOLETE CAFEのチョコレート各150〜300円

 おつかいもの【お使い物】贈答。進物。
辞書で調べるとそっけのない意味ですが、
「手みやげ」というよりもちょっぴり、大人で上品な印象のこの言葉が大好きです。
私が「おつかいもの」を選ぶポイントは(食べ物がおおいのですが)
おいしいのはもちろん、見た目のかわいらしさにもこだわります。
今回は私がご贔屓にしている
「ウマカワイイ!(上手くてかわいい)」ものをご紹介!

100choco.gif


京橋の明治製菓本社に併設されたその名もズバリ
「100%CHOCOLATE CAFE」
薄浅葱色とチョコレート色を基調とした
店内に入り上を見上げると、板チョコを模した天井がみえ、
ヘンデルとグレーデールのお菓子のお家を思わせます。
右手の巨大冷蔵庫には56種類のチョコレートがディスプレイ
されており、その佇まいは圧巻です。
その名の通りちょっとしたカフェになっていて
(狭いです。6組くらいしか座れません)
店内では、オリジナルのチョコレートクリームを使用した
(常時6種類くらいあって、そこから選べます)
コロネやブッセ(これも超オススメ!)とかがコーヒーとともに頂けます。
また、コーヒー等飲み物を注文すると、3センチ四方位の
ミニチョコがついてきます。日替わりで種類が違うんです。
その数なんと、365種類!!

今回の私のお薦めは56種類のチョコレート達です。選ぶのに困ってしまいます。
左のチョコレートはカカオの産地にこだわったもの。(各300円)
私が実際食した「エクアドル」と「タンザニア」はそれぞれ
「花のような香りが」だとか「ドライフルーツのような風味が」
だとか、ワインのソムリエ真っ青な眉唾もののコメントが書かれていて、
恐る恐る口にいれてみて、あら、びっくり!!
ほんとに、風味が違うんです。カカオの奥深さが堪能できます。
右の「メープル」は、通常の甘みを出すために使われる、砂糖を
すべてメープルシュガーを使用したもの。独特のコクと風味がでていて、
やさしい甘みがうれしいです。
このシリーズは他に「黒糖」「和三盆」「はちみつ」などがあり、
こちらも興味津々!
パッケージもやさしいパステルトーンでとてもカラフル!なので、
味で選んでも、パッケージの色味で選んでも楽しいチョコレートです。
また、「明治製菓」が作っているということで、皆さんとても驚かれます。

投稿者 minori : 13:12 | コメント (4)