« 王さんおめでとう、そしてありがとう! | メイン | おつかいもの番長#1 »

2006年03月29日

「俺は待ってるぜ」

上記のタイトルは、石原裕次郎主演映画&主題歌ですが、
お話は先日行われた「高松宮記念(GI)」でございます。
umachiku.gif
春の電撃6ハロン(1200M)を制したお馬さんの名前がズバリ
「オレハマッテルゼ(父サンデーサイレンス母カーリーエンジェル)」。
とっても面白い馬名です。
この子のオーナーさんは小田切有一さんという方で、
競馬サークル内で有名な「珍名馬主さん」なのです。

「オレハマッテルゼ」のお姉さんはこれまた凄い名前で
その名も「エガオヲミセテ」。なんて、ロマンチックな名前!!
馬名に「ヲ」の字を使用している大変珍しい名前で、当時話題沸騰でした。
その名前のおかげか、とても人気のあるお馬さんでした。
また、(私の思い出すが限りですが)この小田切氏所有の珍名としては・・・
「ヒコウキグモ(父キーン)」(お父さんの名前の音感からつけた模様。)
「ロバノパンヤ(父プリンスオブバース)」(馬なのにロバって。。)
「ドングリ(父マイニンング)」(たしかにドングリ色だけど。)
「マチブセ(父フジキセキ)」(石川ひとみの歌?もちろん女の子です)
「オソレイリマス(父サクラバクシンオー)(そんな謙虚でどうすんの?!)
などなど、ちょっと笑っちゃう、ほほえましい名前です。
つけられた当人? 達はどう思っているのか、聞いてみたいです。笑
競馬場で「イケーーー! オソレイリマス!!」なんてかけ声、
ちょっと気が抜けちゃいますね。

競走馬の名前は日本の場合、9文字までと決まっているので、
馬主さんはその限られた字数で、様々な名前を考えます。
(その他細かい決まりもありますが。。)
海外は比較的自由みたいです。私の好きな馬に
「マークオブディスティンクション」という馬がいたのですが、
日本に輸入され、日本一長い馬名のお馬さんになりました。

競走馬たちの名前には、馬主さんたちのいろいろな願いや思惑が
こめられているので、注目してみるとなかなか面白いです。
また、外国語の勉強になったりもします。例えば、、
「ジェニュイン(Genuine)」という名のお馬さん。
英語で「正真正銘・本物」という意味。
競馬やってなかったら、絶対覚えなかった英単語です。笑
「トゥナンテ(Tunante)」という名のお馬さんは、
スペイン語で「いたずらっ子」という意味。
これで、スペイン語もマスターです。笑
これらの情報は、競馬場で無料で入手できる、
「レーシングプログラム(略して『レープロ』)」
に載っていますので(G1出走馬のみですが)、
競馬場行かれた際は手にとってみてくださいね。

投稿者 minori : 2006年03月29日 13:11