« 今日は九分咲き、明日満開。 | メイン | 花嵐。 »

2006年03月28日

ジャイアンの近況。


庭のピラカンサの実が無くなると
思った通り、この場所にジャイアンは来なくなりました。
全く現金なヤツだ。(寂)
とはいえ、家族の話によると
時々、庭のあちこちに出没しているらしく、
変わらずまるまるとして、しっかり生きているようです。

この写真はちょっと前。
霧の朝、食事休憩中のジャイアンと、
風の強い日、モンロー状態のジャイアン。

また冬になったら食べにおいでね、ということで。


満開だとばかり思っていたのに、
今日はもう桜吹雪きとなって散ることに忙しいようですな。
しかし、散り行く桜っつうのは
なぜに寂しいような切ない気持ちにさせるのでしょうかねー。

投稿者 jinbei : 2006年03月28日 19:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/3217

コメント

うわ〜〜〜、久しぶりのジャイアンだ!

(実は密かに気になってました)

モンロー状態、ナイスショット!! (^^)v

下から覗きたくなります(笑)。

投稿者 monkey : 2006年03月29日 01:05

なかなかの面白ショットでしょー。

当のジャイアンはこんな“ヒャー”状態でも

どこ吹く風っていう感じでしたけどね。

そういえば「鬼平」、3冊くらい読みました。

なぜかシリーズの後ろから読んでしまってますが

それぞれの話の最後の2、3行、

余韻がたまらなくよかですね。誘われてまする。(笑)

それにドラマのイメージとぴったりでびっくらこん。

特に木村忠吾(尾美としのり)と伊佐次(蟹江敬三)、

意外なほどぴったりでねぇー。

投稿者 jinbei : 2006年03月29日 20:34

蟹江敬三は「粂八」!ちゃんと初めから読んでね(-_-+)。

ま、長篇以外は1話完結なんで、

どっから読んでも面白いんだけど(^^)v。

粂八は第1話に登場し、その後も・・・っと、

このへんでやめときますかね(笑)。

私は原作の伊佐次が大好きで、

「狗」と呼ばれる密偵の描かれ方は、

池波氏の他の作品にも共通して、哀しく切ない。

尾美としのりの兎忠は、ホントいいよねえ!

初めてドラマ見たときは「あ〜〜〜!兎忠だ、間違いない!」

って、爆笑したし!(笑)

投稿者 monkey : 2006年03月30日 01:01

間違っちゃった。あはは(^o^;)。

この続きはメールにて。

投稿者 jinbei : 2006年03月30日 20:14

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?