« 花のスタイルはホリゾンタル | メイン | まなざし »

2011年09月23日

簡易ばば

やっと秋らしくなった。台風の後、ミモザとユーカリと(クリスマス用みたいな)木が傾いてしまった。ミモザとユーカリは、えっさえっさとひっぱたのだが、もう一本の木は、押そうがひっぱろうが、びくともしない。強情なでっかい犬を相手にしてるみたいで、勝手にせいという感じであきらめた。
今日は、背筋がひやりとするけど笑っちゃう、そんな詩をひとつ。

   簡易ばば
         小柳玲子

暗い所によくいる
終戦後、簡易アパートの奥の部屋に住み着くことが多かった
夜が更けると米をとぐ ざくざくという音がはじまると
みんな布団を被り 耳をふさいで眠った
アパート全員が出かけると「猫さんや」を歌う 猫は逃げる
キキキキと笑う 赤ん坊が泣く 先ごろでは
駅裏の掲示板に張り付いていることがある
「猫探しています」と書いて猫に化け ポスターの中にいる
飽きると 飛び出し めんどりになって 歩いていく
馬鹿な詩人の夢に潜って やくざな卵を産み落す
 

投稿者 eiko : 2011年09月23日 17:11

コメント

おもしろい詩ですね。eikoさんの詩が、小柳さんの詩のリズムに案外通じていることに気が付きました。発見です。

投稿者 ruri : 2011年09月23日 18:09

ありゃりゃ!ruriさま、光栄です。

投稿者 eiko : 2011年09月23日 19:28

わたしは、詩の前にあるコメントが、詩の面白さと通じるものがあると思いました。それにしても、こんな毒のある面白さは、なかなか出せないものですし、詩ならではの世界のようにも感じました。

投稿者 青りんご : 2011年09月23日 22:56

コメントしてください

mt-comments.cgi" name="comments_form" onsubmit="if (this.bakecookie[0].checked) rememberMe(this)">




保存しますか?