« ガチャポン | メイン | こまぎれ夢 »

2007年05月08日

鉛筆の夢

それほど親しくはないけれど顔を知っているくらいの知人が横にいてニコニコしている。私は自分の頭より大きい鉛筆をよいこらしょともっている。芯の部分がくりぬかれていて、そこに芯をおさめなくてはいけない。どうやら私がしなくてはいけないらしい。知人がひたすらニコニコとうまくいくよと励ましてくれる。笑顔のきれいな人なので、私もそうかなと思えてくる。

投稿者 sakana : 2007年05月08日 07:33