« 2007年04月 | メイン | 2007年06月 »

2007年05月30日

恐竜の肉の夢

今朝、隣に寝ていたちびちゃんが、私が起きると、一緒に目をあけて、うれしそうににっこり笑って「すっごくいいゆめみた。きょうりゅうのにくのゆめ」
それだけ言って、またこてっと二度寝に入ってしまった。
それでも、ちゃんと起きてきてからも「きょうのゆめはよかった。にくのゆめ」と言う。
いったいどんな夢なのだろう??

投稿者 sakana : 10:40

エレベーターの夢

夢定番といわれるエレベーターの夢を昨日みました。

25階に行かなくてはいけない。必死になってエレベーターを探す。周りの人があっちだと教えてくれる。そこには、まるでふつうの扉のような木のつくりのエレベーターがある。よかったと思うが、なかなか開かない。こじあけるように開けて中に入ると、けっこう人が乗っていた。25階のボタンを押そうとする。ボタンはどれも丸く飛び出ていて、なかなか押せない。力をこめてようやく押す。

投稿者 sakana : 10:37

2007年05月28日

証拠の夢

なにかの展覧会を見にいく。それらの費用はすべてわりと大きな紙に印刷されている。ぺらぺらのその用紙をすべて見終わったあとに、シュレッダーにかけて消さなくてはいけない。そうすると、かかった費用がすべて戻ってくるという説明がある。しかし、本当にお金が戻ってくるのだろうか。不安になり、お金がかかった証拠になる紙をシュレッダーにかけることができない。シュレッダーもふつうは下に紙を落としていくものだが、それは大きなコピー機のようだった。家族で見にいったので、すべて証拠を消してしまうとけっこうなお金になり、いつまでも不安が残り消すことができない。

投稿者 sakana : 11:15

2007年05月21日

こまぎれ夢

坂の下に、大玉転がしに使うくらいの大きな大きなメロンがある。明日は遠足だから、メロンが夢にでてきているのかなと夢の中で納得する。

---------
家の中にプロの料理家が遊びにきていた。雑誌の中で見ていた人が、目の前でニコニコ笑っているのをみて、すごーいと感激する。

---------

何かから防ぐために、夜通し起きて、数人を護っている。時々、襲いにくる人たちを私は座ったまま棒でたたいて追い返し、なにごともなく一夜を過ごした。終わったあと、パソコンの画面に「助けてくれたのは、あなただったんだ、ありがとう」という文字が浮かび上がった。差出人はネットでの知り合いで、今回助けた人たちではなかった。

投稿者 sakana : 11:32

2007年05月08日

鉛筆の夢

それほど親しくはないけれど顔を知っているくらいの知人が横にいてニコニコしている。私は自分の頭より大きい鉛筆をよいこらしょともっている。芯の部分がくりぬかれていて、そこに芯をおさめなくてはいけない。どうやら私がしなくてはいけないらしい。知人がひたすらニコニコとうまくいくよと励ましてくれる。笑顔のきれいな人なので、私もそうかなと思えてくる。

投稿者 sakana : 07:33

2007年05月07日

ガチャポン

子どものひとりがガンダムに夢中。300円のガチャポンガンダムをときどきながめ、少ないお小遣いの中で買っている。先日、子どもの日プレゼントとして買ってあげたら、数日前にがまんできなくて買ってしまったものと同じものが入っていた。がっかりしていた子ども。

次の日、「おかーさん、ぼく、いい夢みたよ」と教えてくれた。

あのね、ガチャポン5つとって、全部ちがう種類だった。しかも全部ただ!

そりゃー、いい夢だったね。

最近は、心に重くのしかかる、つれあいにしてみたらもういい加減気を抜いてかかれといわれる事に夢までが浸食して、あまりに寝覚めが悪く夜中に起きてしまった時など、「リセット、リセット」とおまじないの言葉をとなえていると、すっかり夢の記憶がなくなってしまう。いい夢みたいなぁ。

投稿者 sakana : 19:21

2007年05月01日

本が届く夢

気になっていた文庫本が、レーベルごとに全集セットに届く。横に細長く梱包された本、本を見ていると、うれしくなる。誰かからのプレゼントのようで、すごくうれしい。2セット届き、どちらも読みたい本だったので、わくわくしてきた。

投稿者 sakana : 13:31