« 2007年03月 | メイン | 2007年05月 »

2007年04月24日

吸い込む夢

また吸い込まれる夢をみた。

私が夢の中にふたりいた。ひとつの用事が終わると、私がつるっとドアのような穴の中に、掃除機に吸い込まれるように吸い込まれていく。並んでいたもうひとりの私も用事が済むとバラバラになって吸い込まれる。痛みもなく。

投稿者 sakana : 11:03

2007年04月20日

ベルで人が吸い込まれる夢

なにかの夢をみているなと意識している。でもそろそろ目覚ましアラームがなるころだとも思っている。意識が覚醒しようとしていると、アラームが聞こえてきた。そのとたん、見ていた夢の中の人たちが、バスの中につるつるっと入り込んでいき、あとには何も残らなかった。目覚ましアラームを聞いている私はそのあざやかなまでの人がいなくなる様をじっと見入っていた。

----------
寝不足気味で、夢をほとんど覚えていられない日が続いています。でも今朝はすごく印象に残りました。

投稿者 sakana : 11:22

2007年04月14日

名簿の夢

五十音順にきれいにならべられた名簿をながめている。ほとんどパソコンで入力されたもので、けっこうおおきな紙に三段落に分けられ、「あ」の項目が終われば3行ほどあけて「い」が始まっている。「い」のところで、伊藤という名前がところどころ手書きになっていて、なぜかそれが気になり、もう一度すべてパソコンでつくりなおした方がいいのではないかな。しかし、こういう人こそ、選挙では投票してくれそうな気がすると唐突に思う。

投稿者 sakana : 09:12

2007年04月13日

娘がみた夢の話をきく

昨日寝ている時に、子ども(娘・5歳)のほっぺたにちゅっとすると、涙がいっぱいでていて、しょっぱくてびっくり。でも寝ているのでそのままにして今朝聞いてみた。
娘「うん、ないてたでしょう」「こわいゆめみたの」
私「そう」
娘「おかあさんがしんだの」
私「えーー!」
娘けろりと「ま、いまいきてるからいいね」

朝起きてしゃべってるから生きてるのは生きていますが。しかしほんとにそんな夢を見て泣いたのだろうか。そのびっくりで自分の見た夢をすっかり忘れてしまいました。

投稿者 sakana : 09:22

2007年04月10日

5つ選ぶ夢

うきうきするようなモノばかり置いてある雑貨やさんに入る。私は木製で庭の土に刺すような飾りものを5つ選ばせてもらえる。どうもプレゼントしてもらえるようだ。かわいいものばかりで、どれを選んでいいのかすごく楽しく迷い、迷い続けていた。

投稿者 sakana : 09:32

2007年04月06日

目玉焼きの夢

朝ごはん。ベーグルを受け取り、そこの穴にぴったりの目玉焼きをいれるよう指示される。なんとかまるい形の目玉焼きができ、黄身にうっすらしろい膜もできて、満足していたのだが、それをベーグルにいれるのがとてもむつかしい。いれようとすると、黄身がぷるぷるして、緊張して手がとまってしまう。どうやったらいいのだろう。なんどもなんども挑戦するうちに、なぜ自分がこんなことをしているのかわからなくなっている。

投稿者 sakana : 10:23

2007年04月05日

病院通いの夢

どこかしら具合が悪くらしく、自分のことだけど人ごとのようにつれあいが病院に連れていく。同じ系統の病院なので、どこで支払いをしてもいいというので、区切りのついたところで支払おうと思っている。しかし、一日何カ所もまわっているうちに、病院代がおそろしくなり、おそるおそる聞いてみた。すると、パネルような数字を上下逆さまに表示してくれた。かなり大きいパネルで、自分も頭をしたにして数字を読み取る。隣の人が「あら、安いわね、2万円もいってないじゃない。あなたくらいの治療をしたら2万はいくかと思った」という。数字は12580円となっている。いずれにせよ、私には大きい数字で、どうやって支払いをしようかと悩む。いま、貯金は1万を切っていて、どうやってもお金はない。こまった、こまった。

-----------
セブンイレブンでおろせるお金がなくて途方にくれるところが、なんともリアルでした(^^;

投稿者 sakana : 09:01

2007年04月04日

吊り橋を渡る夢

ものすごく高い吊り橋を渡らなくてはいけない。それも小さな娘と。つれあいもいるのだけれど、渡るのはなぜか私と娘だけ。古くて朽ちているので、歩いている間にぜったい落ちそうな気がする。よく見ると、知り合いの消防士が近くにいた。つれあいに、落ちたら、あの消防士ならきっと泳ぎも上手だろうから助けてくれるようすぐ言ってくれと頼む。つれあいは了承する。
しかし、なぜ落ちるとわかっているのに渡らなくてはいけないのだろう。何度も何度も落ちる場面が想像されて、吊り橋を渡れないでいる。

----------
以前使っていたブラウザが使えなくなり、ログインパスワードをすっかり忘れてしまってました。ようやくログインできてほっ。

今朝の夢を娘に話すと、「どうしてわたしとだけなの?」と聞いてました。まぁ、それは夢なので。

投稿者 sakana : 14:58