« おしゃれ工房 | メイン | こっそり復活!? »

2006年12月04日

甘い生活

polvorone.jpg

ここ1年はまっているお菓子があります。
スペインの焼き菓子「ポルボロン」です。
口の中に入れるとシナモンの香りがふわっと広がり、
瞬く間に、ほおほろほわっととろけてしまします。
その口溶けは「落雁の欧米か!byタカアンドトシ」とつっこみたくなります。

アーモンド粉+砂糖+ショートニングというシンプルな材料ですが、
店によってその風合いや口溶け具合が全然違うのが面白いです。
風味はシナモンなのですが、何故かきな粉のような味わいがします。

ここで「ポルボロン」の蘊蓄をひとつ。
約1200年前からスペインはアンダルシア地方に伝わる伝統的な焼き菓子。
日本だとちょうど、平安時代初期でしょうか。欧米ではゲルマン民族大移動がはじまって・・・
話が逸れました。汗
クリスマスや祝い事の時に供されることから「幸福のお菓子」と呼ばれている
縁起のいいお菓子です。食べる時に、
「ポルボロン♪ ポルボロン♪ ポルボロン♪」と3回唱えると
幸せになれるとの言い伝えがあります。

上記の3つは私が出会ったポルボロンたち。
<左>「CQL」のポルボロン。記念すべきファースト・ポルボロン。
私が「食べたい!食べたい!」と騒いでいたら、頂いてしまいました。
化粧箱に厳重に守られたそれは、この3つの中で一番口当たりがデリケート。
3回呪文を唱える前に口の中から消えていくぐらい。
甘さも優しくて、一気に3つはペロリです。
<中>「モンペリエ」のポルボロン。プラド展に行った時に遭遇!
ムリーリョの「貝殻を持つ幼児たち」の絵が描かれた缶に入って、
キャンディー包みでくるまれた愛らしいパッケージ。
3つの中で一番シナモンの香りが強く、口溶けも丁度いい感じです。
<右>「ルグーデルテ」のポルボロン。以前は恵比寿にお店があって
「ポルボロン」が有名とのことだったので、興味津々だったのですが、
いつの間にか閉店しててがっくり。ところが、たまたま会社の人が
銀座に移転したこの店をみつけてくれて、やっと口にすることができました。
店のロゴがプリントされた花紙にくるりと包まれたそれは
珍しいキューブ型。(大抵は丸いコイン型が多いんです)
バターが入っているらしく、3つの中で一番こくがあります。
きな粉というよりは、甘さ控えめなピーナッツバターのような味わい。
くせになる味です。

なかなか扱っているお店が少ないようで、
もし、みかけた方は教えていただけるとうれしいです!

■今回のお店 ※別窓で開きます
「CQL」http://www.cql.jp/
「モンペリエ」http://www.f3.dion.ne.jp/~monperie/
「ルグーデルテ」http://legoutderte.ocnk.net/

☆余談
なんで、呪文とかって3回唱えるものが多いんでしょう。
「流れ星見たら、消える前に願い事を3回念じると叶う」とか
「口裂け女に出会ったら『ポマード、ポマード、ポマード』と3回言えば逃げられる」とか。
って、例えが3つだけど。

投稿者 minori : 2006年12月04日 14:23

コメント

「なんで、なんでなんで」「ちょっと、ちょっとちょっと」
そー言えば「たっち」も3回唱えてますなー。

投稿者 monkey : 2006年12月04日 20:11

やっぱ、洋の東西問わず3回というのはおさまりがいいんでしょか??

投稿者 mino : 2006年12月06日 17:31

どうも〜、シトロンです。
幸運のおまじないにめっぽう弱い私です。

ポルボロンかなり好きです!
小さいときに食べたおいしい思い出が忘れられず、時々亡霊を追い求めるようにお店のを試してます。
自分で作ったこともあったけど配合が難しい!だからこれからもポルボロンめぐりすると思います。
トラピストもやってますよね〜( ̄□||||!!

投稿者 シトロン : 2006年12月10日 01:11