« 2007年10月 | メイン | 2008年02月 »

2007年11月03日

3つの映画 少女から母親まで3人の執拗な試練その1

1)映画「パンズ・ラビリンス」パン(妖精)の迷宮
2)映画「題名のない子守歌」
3)映画「トランシルヴァニア」
3つの映画に少女や身重の女性や母親たちが色んな立場で出てきた
今日はまず映画「パンズ・ラビリンス・パン(妖精」の迷宮を取り上げることにする


衝撃が強すぎる出来事に出会い、体内が熱くなる楽器の演奏を毎日のようにや
っていると、こちらが聞き取れないのか、見つけ出せないのか通常の会話や冷や
やかな文字列文からは何の示唆も背中を押してくれるエネルギーも感じられなく
なる。
何の根拠も確証もない慰めの言葉など歓喜や痛みを茶化されているようである。
プライドを傷つけられ腐ったトマトが煮詰まったような気分の時にはダークな内容
の濃い映画を見に行く。
映画こそリングにあげて筋肉をほぐしてくれ、容赦なく一番のお相手になってくれ
る。
彼女たちの文字どうり、のた打ち回るすさまじいシーンのある人生に大いに元気
づけられ、勇気をもらう。


まずは
1)映画「パンズ・ラビリンス」(パンの迷宮)から


ネタバレはおかまいなしにあります。
主人公は少女オフェリア。
ダークファンタジーの舞台は、1944年のスペインの山奥の駐屯地。
独裁者フランコ将軍に心酔する残忍な大尉はオフェリアの母親と再婚していて、
駐屯地に2人を呼び寄せる。
この大尉の自分が気に入らない人間やゲリラ軍に対しての残忍な拷問や殺戮
は冷酷で狂っている。
臨月の母親はあがき苦しんだあと、弟(大尉の子)を産み落として亡くなる。
オフェリアは、地底の大国の王女に戻るために、森の中で奇怪な山羊のような
牧神(パン)に3つの試練を課される。
なぜ彼女の戻るところが空の上の天国的な場所ではなく地底の大国なのだろ
うか。

ギレルモ・デル・トロ監督は、宮崎駿監督に傾倒している。
試練に出てくる粘液たっぷりの魔物は「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」の
魔物と共通する陳腐な怖さと滑稽さを持っている。
粘液ぬるぬるの豚や蛙の魔物にまみれなければ、欲しい鍵は手に入らない。
人生ってこんなもの。

母からもらった晴れ着を、試練に耐えるたために汚してしまったオフェリアに、臨月
の母親は失望しこんなことを言う。
「世の中は残酷、人生は御伽話じゃあないのよ」
優しかった仕立て屋の夫に死に別れ、極悪非道な大尉と再婚した母親である。
無理もありませんが、母親はそちら側の人間ですね。
御伽噺がなくってはいけません。
現に人間になることを夢見ている植物マンドラゴラの根(人間の形をしている)を
娘のオフェリアがベットの下に置いたので、お母さんあなたの体調が整ったので
すから。
オフェリアの右肩にある三日月の赤い痣、黄金の鍵、魔法のチョーク、道を示す
不思議な本とかに変わるものがきっとこの世にも見つけ出せるはず。

少女オフェリアを助け守ってくれる駐屯地住み込みの女性メルセデス(ゲリラ側
のスパイ)は使命感を持って、盗んだ薬や物資を味方に渡す、たくましい女性で
素敵だ。

オフエリアは2つ目の試練の時に、食べてはならない葡萄にひきつけられどうしょ
うもなく口にしてしまい、掌に目のある魔物から追いかけられ命からがら逃げ帰る。
欲望に負けたのでもう魔法の大国に戻る3つ目の試練は受けられなくなる。

駐屯地がゲリラの手に落ち、少女オフェリアは赤ん坊を抱いて逃げる途中、赤ん坊
を取り返しに来た義父の大尉にピストルで頭を撃ち抜かれ殺される。
主人公の、しかも少女が殺されるのを見るのは忍びない。
弟を身をもって守り抜いたと言うことでその気高い精神が認められ少女オフェリアは
魔法の大国の王女となることができる。
自分の命に代えて赤ん坊の弟を守ったと言う気高い使命感が、ラストの感動を悲し
く美しく盛り上げる。
気高さと言うものがこの世にあったことを思い出させてくれる。

投稿者 mari : 12:31 | トラックバック