« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月29日

映画「永遠のマリア・カラス」 あれこれ NO49

オペラの舞台での心理描写と演技力が群を抜いている、20世紀最高のプリマドンナ
の一人であるマリア・カラスは、恋人のギリシャの海運王オナシス亡き後、パリで隠
遁生活を送っていました


打ちひしがれたマリア・カラスに、友人の音楽プロモーターからオペラ映画の企画が
持ち込まれます
映画「永遠のマリア・カラス」の内容はフイクションですが、彼女が亡くなる半年前に
は、実現されなかったけれど、似たような企画オペラ「トスカ」があったようです
全盛期の頃のマリア・カラスの声は、ドラマッテイックで、黄金の翼のついた何千もの
盾が反射の輝きを重複させ、その中から生まれた無数の剣が光を放ってるようでし
た(筆者)
37歳前後から独特な歌唱法による喉の酷使で高音が出なくなり始め、完璧主義の
彼女は、世界中を回るのに疲れ果てたのか、オナシスとの愛人関係にのめりこみ、
オペラから遠ざかりました
オナシスは彼女の歌を「退屈だ」と言ったとか、せっかく天からもらった美声と演技力
をこんな打算的な浮気者の男のために眠らせるとは・・・・


私が一番好きだった映画のシーンは、夜中に孤独なマリア・カラスがオペラの仕事を
受けるかどうか迷って悩んでいる時、「とにかく歌え、歌はお前の命だろう?」と言う
感じで豪華な衣装を付けた「歌の精」が現れ部屋中に響き渡るオペラを歌うシーンです
(声はマリア・カラスの美声を使用)
彼女は、全盛期の自分の姿を借りた「歌の精」と対面して、その頃のやる気と歌に対す
る切ないほどの畏敬の念と憧れを少しばかり取り戻したのではないでしょうか
ファンとしては、戦闘的な輝かしい歌い方をする若い頃のマリア・カラスもいいと思うので
すが、彼女の年齢に応じた演技や歌のそれぞれを味わってみたかったですね
映画「王女メディア」で王女を演じた彼女は、女の悲しさと意地と魔力を炎のように発して
いましたが、裏切った夫の子供を殺傷してしまうものすごい情念は、他のどの女優が演じ
ても影が薄くなるような、彼女にこそピッタリの役であるような気がしました
劇中劇でマリア・カラスは映画「カルメン」を円熟した表現力で魅力的に演じ、声は全盛期
の声を使用、ついに映画が完成しました
結局、彼女は口パクの演技と、全盛期に録音した声を使用したことに虚しさを覚え「カル
メン」の映画は没にすることにしました
彼女のために大勢の共演者とスタッフが振り回され、多額の費用、皆の汗と涙が反古に
なりました
マリア・カラスは54歳でこの世から去りました

監督 フランコ・ゼフィレッリ 108分 2003年公開
制作国 イタリア・フランス・イギリス・ルーマニア・スペイン


次回の予告<マリア・カラス周辺あれこれ>
マリア・カラス、ジャクリーヌ・ケネディ、マリリン・モンローについて
(オナシス、J・Fケネディ大統領によって翻弄された女たち)

投稿者 mari : 03:34

2007年03月27日

映画「ドッグヴィル」NO48

監督 ラース・フォン・トリアー
2003年 177分 デンマーク


決して起こってはならないことが描かれた救いようのない悲惨な映画
です
人間の闇の部分の怖さをじわじわと見せ付けられる映画でした
負の感情が湧いてくることに耐えられない人にはおすすめ出来ません
筆者が自分に確かめるために再考して書いていますので、内容を途中
でぼかすことが出来ませんでした
ネタバレがお望みで無い方は読まないほうがいいしょう


<物語>


子供も入れて人口30人足らずの寒村Dogville(犬村)がロッキー山脈の山間
部にあります
ある日のこと、銃声が聞こえ、ギャングに追われた美しく知的な女性グレース
が村に逃げ込んできます
彼女が何をしでかしてギャングや警察から逃げているのか、最後の最後まで
明かされません
村の知性と善意を自負している小説家志願の青年トムはグレースを村の廃坑
に匿います
映画のセットは、道も木も家も、広い倉庫の床にチョークで白線を引いただけの
ものです
演劇の舞台装置のようにわずかな家具しかなく、村の人々の生活が同時進行
しているのが全部見えます
トムは、貧しく閉鎖的な村の人々に、グレースに2週間、この村に労働力を提供
してもらうことを提案します
彼女の行いが全員に気に入られれば、ずっと村にいてもよいことにすることに同
意してもらいます
村に受け入れられたグレースに関しての主導権は村の人々が握り、グレースは
密告されないようにするために、村の人々に従属せざるを得なくなります
初めの頃は、控えめにグレースに接していた村人たちも、日常の雑事を彼女に
押し付け、彼女がくたくたに疲れても、何とも思わないようになってきます
ギャングや警察が何度か村を訪れますが、彼女はトムにかばわれるようにして廃
坑に逃げ込みます (夕鶴でおつうを庇った与平の素朴な心もこの辺と似ています
が単に純粋であるだけでは持続力と成長が無く、欲望はいくらでもいやしい化け
物のように変化を遂げてゆきます。そしてそれを本人は意識できません)
どこにでもいる清廉潔白そうな知的指導者であり、いつでもグレースの味方のよう
にも見えるトムには、智恵と判断力はありますが、実は彼は父親に頭の上がらな
い世間知らずの煮え切らない曲者です
彼は、ギャングの親玉から連絡場所を書いた名刺をもらいますが、愛し始めている
はずのグレースに対して、名刺は破り捨てたとなぜか嘘をつきます(ほんとうは引
き出しの中に隠してあります)
あろうことか、町から移り住んで来てリンゴを育てている子沢山な男が、グレースに
襲い掛かります
また月に一度娼婦を買いに町に出る運送業の男も、お金を渡し逃亡を相談したグレ
ースを騙し、トラックの中で(皆のいる教会の前)で無理やりに襲い掛かります
トムが父親の金を盗んでグレースに渡し、そのお金を運送屋に渡してグレースに逃
げるようにすすめたのです
そのことが父親にばれると、トムはグレースを犯人にし、そ知らぬ顔します (ものを
書く高揚感を得るために派手に妻を殴り続けたDV夫作家もいやだけど、卑劣なトム
もいやですね。卑劣なトムでも時代の要求にぴったり当てはまるような人助けをする
と聖人扱いされることがありますが)
盲目なのにそれを隠しているプライドの高い老人も毎回グレースのスカートに手を入
れ腿をさわり続けるような恥知らずなことをします
今まで善意のオブラートに包まれていたものがはがれ、村人の悪魔的な狂気が次第
に始まっていきます
男たちは、トムでさえもグレースを欲望のはけ口にしょうとしか考えなくなります
グレースに出会う前にトムが好きだった村の女性は、トムを煩わしく思っていたにもか
かわらずトムと親しくなったグレースには陰湿な意地悪をし、リンゴ作りの男の妻は仕
返しを、アフリカ系の女性も、雑貨屋の傲岸な夫人も労働力としてグレースを残酷にこ
き使い、日ごろの鬱憤をグレースをいじめることで晴らします
子供でさえも例外ではなく、性に目覚めつつある少年がグレースを脅迫してお尻をたた
かせ(大人の女性の感触を楽しむつもりか)母親に言いつけて面白がったりします
村にいさせてやっているのでグレースに対してどんなことをしてもよいと思うようになり、
その暗い欲望を遂げるために、いいなりにならなければギャングに密告するとグレース
を脅します
グレースは陵辱と重労働と裏切りに耐え村人を許し続けますが、村人たちはグレース
をギャングに突き出します
高尚な理念を持ち続け、グレースをかばっているように見えたトムは、最後にも一番滑
稽で卑怯な裏切り行為をやったのです

ところが、ギャングの親玉はグレースの父でした
父は「他人を許すと言う一見慈悲深そうな考えや行動は、傲慢な人間のすることで、偽
善である」と言うような意味のことを言います
グレースは、自分の命に関わる程の苦痛を与えることを、他人が悪意でやり続けるのを
野放しに許し続けていたことに気づきます

グレースは急転直下、変貌します
彼女はギャングの子分たちに村を焼き払うように命令し、ギャングの子分たちは村人を
拳銃で撃ち殺します
グレースは当然のようにトムを撃ち殺します
心の闇の部分でたいていの人はなぜかしらすっきりするでしょう
そしてきっと「殺さなくてもいいのに」と言ったりします

投稿者 mari : 01:26

2007年03月21日

映画「宋家の三姉妹」あれこれ評NO47

<興味深深シーン>

「中国の回音壁と三音石」

映画の冒頭で、三姉妹が「回音壁」で追いかけっこをして遊ぶ幻想的なシーンに強く
心惹かれた
「回音壁」は半円形や円形の壁で上は天井なしの筒抜け、皇帝の位牌を祭る古代の
霊廟建築物である
映画の中の「回音壁」は、娘たちが走りながら声を発すると、移動する声があちこちか
らこだまする不思議な円形の壁だった
2人が壁の左右両側に別れて立ち、声を発すると180度離れていても、ひそひそ声が
壁に伝わりはっきり聞こえる
壁のレンガはつなぎ目をきれいに埋め、滑らかに磨き、音が反響するようにしてある
「三音石」と言う石畳もあって、一番前の石上で手を一つたたくと反響音が一つ、二番
目の石畳の上では二つ、三番目の石畳の上では三つ音が返ってくる
「宋家の三姉妹」の映画では「回音壁」と「三音石」を同時に使っていたような感じだった


映画「宋家の三姉妹」
監督 メイベル・チャン 1997年 香港
145分 カラー 

女性の監督メイベル・チャンが5年をかけて制作
時は20世紀前半
宋家の三姉妹は、富豪の父の「新しい女性の力が、新しい中国を作る」と言う考えで
子供の頃アメリカへ留学させられ、長じて帰国

○長女靄齢(アイレイ)は、孔子の末裔の大富豪と結婚、夫に中国初の銀行をおこさせ
中国経済を左右する程の大財閥を築く
彼女は、家族思いの気骨のあるしっかりもので、機転を利かせて思いっきりお金をかけ
て、人の命を救ったりする
日中戦争の時には、三姉妹が戦争孤児救済の行動を起こす


○次女慶齢(ケイレイ)は、姉の代わりに孫文の秘書となるために日本へ行き、27
歳年の離れた孫文と親の反対を押しきって結婚
中国に帰国し、内乱で40日間孫文と離れ離れになり流産、子供の産めない体とな

孫文亡き後、中華人民共和国が成立後、中央人民政府副主席などを幾つか、副委
員長、名誉主席などを勤める


○三女の美齢(ビレイ)は、孫文の後継者の蒋介石と結婚する
内戦(西安事件)で蒋介石は張学良に監禁されるが、彼女は気丈に血気にはやる
軍人たちを抑え、次女慶齢の助言を受け入れて夫蒋介石に「抗日に同意すれば周
恩来が動いて釈放される」ことを告げに西安に行く
日中戦争勃発後、日本降伏、中国は内戦に突入、次女美齢と国民党の蒋介石は
台湾へ渡たる
蒋介石の死後、彼女はニューヨークへ渡り2003年に104歳で生涯を閉じた


次女慶齢は夫の孫文亡き後、共産党を支持し、共産党を迫害する三女の美齢の夫、国
民党の蒋介石と意見が対立、ソ連に渡るがしばらくして帰国する
姉妹同志は大事なところでは、助け合い命を守りあうのだが、嫉妬などが絡んで、うまく
行かなくなり、次女慶齢と蒋介石が台湾に渡ってからは、次女と三女は二度と会うことが
無かった
孫文の仲間が首を切られたり、爆撃があったりする野蛮な場面もあったが、戦闘場面は少
なく、三姉妹が夫に助言し政治的な交渉に関われる場面があった
彼女たちは、夫に助言すると言うことが出来る立場にあり、よい意味で歴史に関われる隠
れた指導者の一面もあったようだ


<余談>
長女の靄齢(ケイレイ)の家で三姉妹の食卓に運ばれてきたゆでた紅い小さな蟹が
ものすごく美味しそうで、顎が痛くなるほど「じゅるるる気分」です
子供の頃(またまた出ました思い出話!)蟹おいさん(かにおじさん)が20匹ほど秋
になると持ってきてくれていた「つ蟹」は川の蟹で子供の手の大きさ、身がしまって
いてミソも大変美味しかった
釜で茹でるのだが、いつも一、二匹逃げ出し障子に駆け上り、天井の鴨居を這い回
わるのを捕まえるそんなことが遊びの一種だった
長女の富豪の夫が運んできた卵30個だったか37個だったかを使って作られた月餅
も美味しそうだった

投稿者 mari : 14:51 | コメント (2)

2007年03月17日

映画「夕映えの道」個人寸評NO46

小津安二郎監督の映画のタイトルのように、例えば「麦秋」とか「秋日和」とか「晩春」な
どの平凡なタイトルと同類に並ぶ、フランスのルネ・フエレ監督の映画のタイトル、「夕映
えの道」
その中心人物は、苦労を背負い最後には癌で亡くなるパリの片隅に住む、孤独で頑固
な一人住まいの老女だ


家族の記念アルバムや記念ビデオを延々と見せられたり、歯を磨くところから始まるよう
な、平和な日常また奇想天外な本人たちにとってだけ面白い、個人的記録や日記資料
の類には、死ぬほど退屈を感じてしまうので、なるだけ出くわさないようにしている
そう言うものとは、どこか異なったこの老女の、どこかしら凛とした孤独な日常の姿が垣
間見える映画「夕映えの道」のポスターに足が止まってしまった


超常現象もなく、フアンタジーもない老女の映画「夕映えの道」にたどり着くまでには、い
くつものホラー映画をさまよい続け、落ち着くまでに時間がかかった
瑣末なことに振り回されていたこの何日かの間、化け猫、ドラキュラ、フランケンシュタイ
ンやゾンビ、狼男、キョンシー、おびただしいホラー映画がぞろぞろつながって思い出され
われながらよほど心を奪われていたことが分かった
ゾンビはともかく、いつも人から避けられ伏せられてしまいがちなこれら登場するものたち
は豊かな感情を持っていて、不幸せで正直で不器用で哀れをもよおさせる

日本映画のおばあさん役と言えば北林谷栄(健在)、菅井きん(健在)、原千恵子、初
井ことえ、飯田蝶子、浪花千栄子、東山ちえこ、と続くが、おばあさんで化け猫役は毛
利菊枝ともう一人、鄙びた宿の、食べだしたら美味しくて止まらない細くしなびた大根の
漬物のような五月藤江がいた
映画「亡霊怪猫屋敷」にも出演しているのだが、それを見た当時、雨の日に音も立てず
裸足で医者の妻の首を絞めに来る白髪の老女(五月藤江・化け猫の手先)が頭から離
れず、道で会うおばあさんがみんな怖くなって困った
私が知っている日本のおばあさんは、いつでも化けて出そうな何か陰にこもったものを持
っていた
台風の日に、普段は穏やかな受け答えをする、近所の白髪の着物の寝巻き姿の老女が
髪を振り乱し、鎌を持って山に入り、あわてて息子が連れに行くと、打ってかかられて怪
我をした事件の一部始終を家の中から見ていたことがあった
安達が原の鬼婆さながらの老女の白髪がするすると伸びて一面をおおい、窓ガラスを通
して見ていた私を、老女がギロリと睨みつけなぜかニヤリと笑った時は全身に悪寒が走
った
そんなことを思い出しているうちに、ついに怪奇映画も怖い思い出も食傷気味になってき


悔しいことに世の中お金で解決できることがほとんどだ
お金がないことで必要なものが手に入らず、人にばかにされた時、道徳的な物語を使っ
て教師や親などがたやすく慰め諦めさせるので、身内に湧いてくる、そう言うことに対す
る憎しみや呪いを見てみぬ振り、聞いて聞かぬ振りするようになって、生命力が減退し
何もする気が起こらなくなる
自分自身の感情に対して、素知らぬ顔をして痛みを痛みとしてとらえないので、押し返
す力も育たないまま深部をやられてしまう
そんなことばっかりしていると、自己評価が低くなり、遂には自分に刃を向けてしまうこと
があるのではないかと思う
押し殺していた負の感情の一端を「化け猫」や「幽霊」や外国のホラー映画で充分に味
わい、ある程度開放されたので無謀に爆発することも無くやってこれたのではないか


映画「夕映えの道」

監督 ルネ・フェレ  2001年 フランス
カラー 90分


フランスはパリの片隅で独居している頑固だけれども普通の老女マドと
会社を経営する中年女性イザベルの交流の物語


制作費の関係で、老女マド役は「75歳以上の演技経験のある女優募集」
で決まり、中年女性のイザベル役の女優は監督の住むアパートの隣人、
監督もイザベルの元夫役で出演、監督の息子がイザベルの年下の恋人役
音楽担当のギターも隣人(映画の場面に関わりなく快活に唐突に鳴り出す
感じ、技術的にはうまい)何もかも自前ですが、作品は格調高く、細部にわ
たって心遣いが感じられる
監督自身、母親を亡くした悲しみに動かされて作った作品


ストーリー

頑迷な老女マドと中年女性イザベルは薬局で出会います
車で家まで送り届けますが、老女の家があまりにも狭くて汚れており、風呂
も無く、貧しいことに気づきます
イザベルも母を充分に看病できないまま亡くしています
お湯でマドの体をふいてあげたり、買い物をしてあげたりします
家政婦さんや電気屋さんをよこしたりしますが、老女マドは人を信じられず、追
い返します
人を信じられなくなったのは、若い頃、夫に息子を奪われ、周りにいたすべての
人間がマドを見殺しにしたと言う思いがあるからですが、それからずっと一人で
働きながら貧しい生活をしてきました
老女マドが癌で余命があと数週間になった時、イザベルは会社を休み、2人は
ベンチに座って取りとめも無く話し始めます

老女マド 「今が一番しあわせよ」
イザベル 「信じて あなたの幸せは、私の喜びなの」

老女 静かに泣き始め、嗚咽します

投稿者 mari : 18:12

2007年03月10日

思い出す映画のことなど「怪猫もの」寸評NO45

何を隠そう子供のころから怪猫(化け猫)映画の大フアンであった
思い出そうとすると10以上の怪猫映画が脳裏をよぎる
月の赤い晩やそぼ降る雨の日の夜道を一人で帰路に着く時など
どこかしら映画の雰囲気とつながっている暗がりに出くわし、いく
つかの映画の化け猫たちの顔をふと思い出し、いまだに震え上が
るほど怖くなる
「怪猫からくり天井」「怪猫呪いの壁」「怪猫夜泣き沼」「怪猫有馬御殿」
「怪猫呪いの沼」「怪猫お玉が池」「怪猫逢魔ガ辻」「怪猫岡崎騒動」
一番怖かったのが「怪猫佐賀屋敷」
素顔が美人で化け猫のメーキャップで怖さが倍増した入江たか子さん
お城の暗がりの蜘蛛の巣のエキスから生まれたような毛利菊枝さんの
すごかったこと
この2人どこかひゃーっとするような水分を持っていました
奥方や老女から怪猫に切り替わる瞬間が怖く、怪しい立ち居振る舞い
何と言っても妖怪の目つきにぞっとさせられた
待てど暮らせど怪猫が出てこなかった映画「怪猫五十三次」もありました


芸術作品としての怪猫(妖女)ものの極めつきは新藤兼人監督の映
画「藪の中の黒猫」だろう
海に落ちて怪死した女優太地喜和子と中村吉右衛門が夫婦役を演じ
新藤兼人監督作品には必ず出ている乙羽信子が母親役で出演

時代は平安末期の乱世、武士の夫は妻と母を残して蝦夷征伐に出か
けていた
落武者たちが妻と母を犯し家に火をつけ、2人の哀れな焼死体が映し
出される
どこからともなく黒猫が現れ2人の血を舐める


江戸時代の怪猫映画では必ず、飼っていた猫が飼い主の血を舐めて
化け猫に変身し主人の敵を討つ
化け猫が舌で行灯の油をぺろぺろ舐める時、行灯に映った顔は猫で、
体は人間なのである
池の鯉を取って床下で食べ、腰元に見つかると「みい〜た〜な〜」と
言って腰元の帯をくるくると解き、バック転を何回もさせてじゃれて遊ぶ
御殿の寝所に眠る殿様を襲い、家来を散々てこずらせたあと,喉ぶえに
噛みつき、アクロバット回転飛行をしながら天井を突き破って逃げる
怪猫封じのための密教の坊さんの熱のこもった護摩焚きシーンや徳の
高い坊さんにもらって入り口に貼った御札が怪風で1枚づつ剥がれてい
くシーンがあって、次に迫り来る惨事の前ぶれとして胸がどきどきしたも
のです
またもや散々脱線してしまった


さて映画「藪の中の黒猫」のことである
妻と母を殺したのは、どうやら闘いから戻って来る途中の夫の同僚たちら
しい
妻と母は妖怪(怪猫)に姿を変え、夜な夜な武士を女性の色香でたぶらか
し屋敷に引き入れては殺し、夫(息子)を待ち続けている
妻の太地喜和子は、武士の命を奪うことで、怪猫の身で現世に立ち戻る
ことが叶えられている
天地魔神に武士の血をすする誓いをたてて、仮の姿でこの世に戻ることを
許されたのだ
夫の中村吉右衛門が家に戻った時には、家は無く妻と母もどこに行ったの
か消息がつかめない
ある日、妻と母にそっくりな女性に会い名を聞くが妻と母ではない
夫はあまりの恋しさに2人の屋敷に通いつめる
夫を待ちわびていた妻は夫を殺すことが出来ずに逢瀬を重ね、霊力がなくな
ってしまう
そして一夜を共にした男を食い殺すと言う天地魔神との約束を、夫とだけは
何日も会わずにはいられずなかったので果たせずこの世から旅立つ
夫と会うことができ、天地魔神との約束なので、ほんとうに幸せそうに地獄
に落ちていく


幻想的な日本の竹林と2人の女の居住している暗い屋敷が美しい
中村吉右衛門は水溜りに映った母の怪猫の姿を見て腕を切り落とす
その腕を母が取り戻しに来る
中村吉右衛門は半狂乱になり母を追いかけるが竹林に倒れ動かなく
なる
その上に雪が舞い落ちる
3人とも地獄に落ちて悔いなし

人間の情の濃さとその狂おしいほどの切なさを新藤兼人監督は追う
すべてを覆いつくす慈悲のように雪が積もってゆく


ストーリーは、「雨月物語」と都に現れる鬼が母に化けて腕を取り戻し
に来る「渡辺の綱と酒呑童子」の今昔物語と化け猫の話が溶け合った
話になっている


次回予告
「椿屋敷の怪」と「亡霊怪猫屋敷」
2作品は同じストーリー

投稿者 mari : 01:38

2007年03月05日

映画「ドリームガールズ」個人寸評44

アフリカ系アメリカ人女性3人のボーカルグループの中の迫力満点、歌唱力抜群の
ジェニファー・ハドソンの歌を満喫することができた。
ジェニファー・ハドソンのはち切れんばかりのソウルボーカルに揺さぶられ、二の足、
二の腕に電流が走ってじっとしていられないほどだった。
彼女は良質なはがねのようにしなる声で低音から高音までをジェットコースターの
ように駆け上り駆け下り、感に耐えない表情でみもだえする。
場内の若い子たちはつられて、体をゆさぶり指を鳴らす。
私は両足が互い違いにタクトをとった。


ジェニファー・ハドソンの役柄は初めのころは実力派のリズム&ブルースのリード
ボーカルだが途中から、売り出す方針が白人が好む優しく静かめなポップ調に変
わり、リードボーカルの座をうばわれ、お腹にマネージャーの子を宿したままグル
ープを去る。
普通ならここでつぶれてしまうのだが、再び見出されてハッピーエンド。
ストーリーは昔懐かしいダイアナ・ロスとシュープリームスの実話から。

ポップボーカルは白人受けするが、アフリカ系アメリカ人のソウルが感じられない。
ポップ系の白人好みの歌よりもソウル系の曲を歌いたいと思っている仲間のエディ・
マーフイー(男性歌手)は、コンサートの途中で勝手に曲を変え、思う存分好きな歌
を歌い、関係者に業界を干され麻薬中毒で死ぬ。
自分の魂を反映させられない他人の歌だけを、他人の好みに従ってずっと歌い続け
ねばならないことは耐えられないことなのだ。
今回は無名の新人で、アカデミー賞の助演女優賞候補のジェニファー・ハドソンの歌
を聞きに行った。
無名だったので、端役扱いなのか、チラシにもちゃんと分かるようには写真を載せて
もらえていない。
その後、彼女がめでたくアカデミー賞助演女優賞を獲得したのを知り嬉しかった。


監督 ビル・コンドン
2006年 アメリカ 130分

投稿者 mari : 11:27

2007年03月04日

映画「明日へのチケット」個人寸評NO43

3人の監督の共同制作映画
オーストリアのインスブルック駅からイタリアのローマへ向けて出発した急行列車の
中の乗客たちの物語

1話
かの名作映画イタリアの貧しい農民の物語「木靴の樹」のエルマンノ・オルミ監督
(イタリア)の作品


初老の教授と見送りに来た女性秘書の一瞬の通りすがりの恋。
2人の俳優に興味が無くて何となくぼんやり見る。
乗り合わせた将校がアルバニア移民の赤ん坊のミルクを蹴飛ばしたところで意識が
戻った。
私が相撲取りなら将校を羽交い絞めに、侍なら将校のベルトとサングラスを切って
落とし多めの金額を弁償させる。
赤ちゃんがひもじいだろうな、移民たちは何をしにどこに行くのだろうかと、観客は
じっと画面に見入っている。
列車の中の周りの裕福そうな人間たちがどうにかして助けないのだろうかと期待し
てじれる。
教授がミルクを注文。
いっぺんにこの教授が好きになった。

2話
自殺を決行しようとする中年男が自殺の介助を若い兵士、神学生、老人に頼み断ら
れる映画「桜桃の味」のアッバス・キアロスタミ監督(イラン)の作品



青年は兵役義務の一環として、将軍の未亡人の中年女性の手助けを命じられて
いる。
将軍の未亡人の中年女性は二等切符しか持っていないのに、図々しくも一等切
符の席にわざと座り、ことごとく傲慢に振る舞い、下品に威張り散らす。
この未亡人は、何年間もラジオの大音響で近隣を困らせた日本の布団たたきおばさん
と互角に戦えるだろう。
彼女のすさまじい怒号の混じった命令、わけの分からない自己主張や皮肉にほとほと
参ってしまい、青年は途中で列車を降りる。
このあとこの気の弱そうな青年がどうなってゆくのか、気ががりである。


3話
アイルランドの人々がイギリスの支配からの独立を求めて闘い、どんどん人が殺さ
れてゆく映画「麦の穂をゆらす風」のケン・ローチ監督(イギリス)



スコットランドからサッカーの試合を観戦しにローマに行く3人のスーパーマーケッ
トの男性店員。 お金はぎりぎりしか持っていない。
アルバニアの移民の少年や家族にサンドイッチをあげる。
店員の切符が一枚無くなり、容疑はアルバニアの移民一家にかかる。
アルバニアの移民の赤ちゃんの若い母親が店員の切符を持っていた。
切符を奪い返そうとするが、若い母親からローマで借金をしながら働く貧しい父に
会いに行く事情を聞いた3人はどうしてよいかわからなくなる。
若い母親の言うことは一時逃れのことかもしれないし本当かどうか信じられない3
人の店員の中の、一番そんなことしそうに無い厳しい男性店員が若い母親に切符
をあげてしまう。
店員を見直しましたが、ローマに着いたら警察に引き渡されます。
スーパーマーケットの仕事が続けられるか気になります。
結局、ローマについてしまい車掌の温情も無く、3人は警察に引き渡されそうにな
ります。
サッカーの観戦に来ていた沢山の人にまぎれて、3人はぐんぐん走り逃げおおせる
事が出来ました。
話しても分からず、自分の将来にも黒雲がかかってしまう時、体力があれば、わか
らずやたちを振り切って逃げるしか手がない。
警察や車掌が悪いと言っているわけではなく、普段はそう言う人に守られて生きて
います。
救急車やパトカーが事故を起こしたからとい言ってなくせばいいとは思わない。

2004年制作 イタリア・イギリス
110分 カラー

投稿者 mari : 11:30

2007年03月01日

タルコフスキー監督の映画周辺に関する個人的雑感

タルコフスキー監督はイタリアに亡命したあと、今から21年前の1986
年12月28日にパリで54歳で客死し、現在はパリの墓地に眠っている。
死因は胃や気管支の癌。
監督の故郷はどんなところだったのだろうかとふと思った。
身近にタルコフスキー映画に詳しく、関心を寄せている友人など誰一人
としていないのでフリー百科事典「ウイキペディア」で調べてみた。
このようなことは大切なことであるのだが、教科書的にくまなく全てを同
列に記述説明しなければならない心境に追い詰められるので、あまり楽
しくない。
百科事典は参考にさせてもらうだけにした。


タルコフスキー監督はロシアの母なる川ヴォルガ川流域のザブラジェで
1932年4月4日に生誕(モスクワが近い)
ヴォルガ川と言えば、囚人たちが舟を曳く「ヴォルガの舟歌」とか「ステン
カ・ラージン」(共に17世紀農民一揆の時に歌われた)の曲を思い出す以
外私には何の手がかりも無い

父はウクライナの詩人アルセニー・タルコフスキー。
父の詩を監督自身が朗読したり、登場人物が暗唱するシーンが映画によ
く出てくる。
父が別の家庭を作ったので母に育てられている。
タルコフスキー監督は幼少時は作曲家になるつもりだったが、赤貧でピア
ノが買えずやむなく断念。
画家を志すが結核になり療養生活を余儀なくされる。
後にイコン画家の長編映画「アンドレイ・ルブリョフ」を制作しており、彼の
全ての映画の画面は動く絵画と言っても過言ではない。
東洋大学のアラビア語科に入学するが1年半で中退。
ジャズと女性好きの不良少年となるけれど、21歳の時母によってシベリ
ア地質調査隊に入隊させられ1年間シベリアのタイガの森で過ごす。
その後、父の尽力のおかげでロシア国立映画大学に入学。
大学3年の時にへミングウエイ原作の「殺人者」を作った。
やっと次回の個人的寸評を書くことにしている映画「殺人者」までたどり着
きました。
映画「殺人者」(ヘミングウエイ原作)では監督自身が店の客として出演!
口笛でジャズ「バートランドの子守歌」を粋に吹いています。
タルコフスキー監督は日本の俳句や黒澤明監督や、やはりワンシーンの
長い溝口健二監督の映画に関心を持っていた。
新しい映画を作る前には必ず、黒澤明監督の「七人の侍」溝口健二監督
の「雨月物語」を見たそうです。

ロシアの映画はたいてい好きで高校生の時深夜テレビで見た若い兵士が
6日間の休暇をもらって帰郷する「誓いの休暇」、ずっと後の「妖婆死棺の
呪い」、05年の兄弟が父を不慮の事故で殺してしまう「父、帰る」などは
忘れられない映画だ。
タルコフスキーの映画になぜ強烈に引き込まれるのか?
廃屋や川に関心を持ったことがあることもその一因であると思う。


個人的な廃屋の記憶・・・故郷の金山には、水の流れる洞窟トンネルやそこ
で働く人たちの宿舎や上司の住んでいた西洋館があり金山が閉鎖された後
の廃屋の静けさがものすごく好きだった。
20代のころ世の中がいやになり山中の発電所あとに2年間住んだことがある
。よく井戸水が枯れたので、飲み水以外は川の水を使用していた。
練習場に廃屋を提供されしばらく通ったことがある。
町に出る人の多い山奥では生活用品をそっくりそのまま置き去りにした廃屋
が多い。
没落した親戚の廃屋にもよく行って見ていた。


個人的な川や池の記憶・・・川の流れが掘ったトンネルや苔むした岩が遊び場
だった。
岩の上で寝たり、池の周りの泥土を踏んで遊んでいた。
いつも水がしたたっている崖を通って1人で学校に通っていた。
               

陰鬱で形而上的な台詞があり暗いシーンが重く延々と続くタルコフス
キー監督の映画があった2月の福岡の映画館では観客は少ない時
は6人、多くて20人いればいいほうだった。
ここいらの多くの人々は何事につけても善意的で元気で分かりやすく
てちょっとしゃれていて明るいものにしか興味を持ってくれない。
極めて個人的なことだが、誰も知らない難解な暗い曲(彼らがそう言っ
ている)武満徹の曲などを使用し、オカリナの低い音で即興演奏などす
ると次回からお客が三分の一に減る。
もう公開コンサートはやめようかと思う。
あてはありませんが、スタジオ録音の方がいいのかもしれない。
キリスト教(バブテスト)系の進学校の母親たちの集まりのコンサートの
途中で、母親然とした女性から「オカリナ演奏は明るく素直な善意的な
演奏でなくてはならない」と公衆の面前で独善的に声高に泡を飛ばして
言われたことがある。(誰がそんなこと決めたんですか?PTA? )
おおもとにある不安を扱いかねてイライラし、何かにかたっぱしから食い
ついてガス抜きと自己主張をしないとたまらないらしい。
彼女たちは、普段は押し殺している負の感情を、問題を摩り替え、他の
ことにぶつけ合わせてやっと発散させることができる。
彼女たち(まわりがみんな競争相手である国立大受験生の邪気立ちの
ぼらせる母親集団200人)の態度には、演奏曲選曲者に対する、一般
論に姿を変えた唐突ないじめを感じた。(これはこの手のものの氷山の
一角である)
「他の誰よりも自分の子供こそ国立大受験に合格して欲しい」と大声で
泣きながら言ったらどうですか、すっとしますよ。
私はどちらからと言うと明るいマーチのような賛美歌は選曲しないし、可
愛い童謡も1曲くらいしか演奏しない。
食べているお料理の途中で料理の材料を変えてくれと初対面の料理人
に言う人がいるだろうか、もしいるとしたらその人は料理人を侮り舐めて
いる。
文句言う前に、御自分がコンサートを企画し、全てを自分のリクエスト曲
にして、好きな衣装も提供し、車を出す位の気風を見せてほしい。
気に入らなければ黙って途中下車すればいいだけで、コンサートの途中
演奏モードに入っている奏者に喧嘩を売るようなことをしていいはずはな
い。
ともあれ公的なマナーをわきまえてほしいものです。
関係者で誰一人としてそのことについて、注意し、謝る人はいなかったの
で、そこにいた全ての優しい系の人々がその母親と同じに見えた。
また、全てを受け入れて祈るだけの信仰をお持ちの方々よ、絶望を直視
することが許されないなんて脱力した空想平和主義の現状維持としか思
えません。
鶏が3回鳴くうちに信仰深いペテロは3回キリストを裏切り、絶望して号泣
しますが、号泣したと言う事はそれほど信仰が深く進行していたことだと思
いませんか。


武満徹氏はタルコフスキー監督の追悼インタビューでー「国境線を越
えられる芸術と言うのは、多分これからは映画をおいてしかないと思い
ます。音楽ですらそれは無理かもしれないんです」と言われています。
このようなことを知ってしまって、これからどうしたらいいのでしょうか。

投稿者 mari : 15:50