« 結露 | メイン

2005年12月03日

ミラクルリーフ

「ミラクルリーフ」という不思議な生命力を持つ植物がテラスに置いてある。沖縄などに生息する植物とかで一枚の葉っぱを水に浮かべて置くと葉の節目から次々に赤ちゃん葉っぱが出てきて、それを鉢に植えると驚くほどの速さで大きくなっていく。そしてその葉っぱをまた一枚切り取り、水に浮かべて置くとそこから赤ちゃん葉っぱがでてきて・・・・・と限りなく増え続ける。あんまり愉快で異なる種類の「ミラクルリーフ」も育てている。それは水に浮かべるのではなく、葉っぱの節目から次々に赤ちゃん葉っぱが出てくる。風が吹いたりするとその赤ちゃんはポロポロ落ちてあちこちに広がって根付いていく。気がつくとテラスに置いてあるあらゆる花鉢の根元でちゃっかり成長している。呆れるほどにあつかましい。そのあつかましさはあまりに無邪気に思えてつい笑ってしまう。溝に溜まっていた僅かな土のところにも頑張っている。でもこれは暑い季節に限られている。神様は地球上の生命の存続に対して素晴らしいバランスを与えて下さっているといえばいいのか、冬が来ると全て枯れてしまう。部屋に入れてあげるにはあまりに元気がよすぎる。で、今日私は温室もどきをつくってそのなかに収めた。枯れてしまわないうちになんとかしなくてはとずっと気になっていたのでようやくホッとする。
この私の「ミラクルリーフ」の子孫はフランスでも元気に育っているようだ。
そういえば先日「どうしよう〜こんなに育ったらそのうちに家中占領されちゃうよォ!」と娘が電話口で叫んでいた。

投稿者 hiro : 2005年12月03日 17:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.a-happy.jp/blog/mt-tb.cgi/1077